週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【週間為替展望】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 20170619~20170623 今週後半の見通し

2017/07/07

シェアありがとうございます。

それでは今週、20170619~20170623の後半の見通しに入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の見通しを書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、20170619~20170623の後半の見通しです!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:111.403~111.406
RSI:50.23

今週後半の見通し:今現在の日足を見るとトレンド的には上昇トレンドですね。RSIは50.23と日足レベルでは均衡状態です。前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨しましたが、少し失敗しました。ただし、112円の抵抗線を超えてくるまでは、私は何も気にせずショートポジション(売りポジション)をホールドし続ける予定です。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.11344~1.11348
RSI:40.79

今週後半の見通し:今現在の日足は上昇トレンドです。RSIは40.79とやや売りが強くなってきましたね。前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨しましたのでこちらは成功と言っていいかなっと思います。1.10付近までは強い支持線も無いので、引き続きショートポジション(売りポジション)を推奨します。

スポンサーリンク



週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:84.447~84.459
RSI:76.67

今週後半の見通し:今現在の日足は上昇トレンドですね。RSIは76.67と買いが強い状況ですね。前回の記事でロングポジション(買いポジション)を推奨しましたがこちらは横ばいですね。移動平均線に支えられている状態なので、引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、前回も言いましたが84.000円を割ってきたら一度損切りが賢明かと思います。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、112円の抵抗線を超えてくるまでは、ショートポジション(売りポジション)を継続。
ユーロドルに関しては、1.10付近までは強い支持線も無いので、引き続きショートポジション(売りポジション)を推奨。
豪ドル円に関しては、引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、前回も言いましたが84.000円を割ってきたら一度損切りが賢明。

あくまで今週後半の見通しですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の見通しでした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
日々の株・為替の動向に関してはツイッターで呟いています。ツイッターアカウントはプロフィールを参照してください。当ブログは基本的に、週末に来週の為替展望、(書く時間があれば)水曜日にその週の後半の見通しを書いていきます。以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。