週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【週間為替展望】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/06/05~2017/06/09 今週後半の見通し

2017/07/07

シェアありがとうございます。

それでは今週、2017/06/05~2017/06/09の後半の見通しに入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の見通しを書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2017/06/05~2017/06/09の後半の見通しです!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:109.430~109.433
RSI:29.75

今週後半の見通し:今現在の日足を見るとトレンド的には下降トレンドですね。RSIは29.75と日足レベルではやはり、かなり売りが強い状況です。前回の記事でポジション控えめでロングポジション(買いポジション)を推奨したのですが大きく下げてきましたね。110円を切ったところで損切りした方も多くいらっしゃると思います。損切りというポジション整理は正しい事です。私は今現在もロングポジション(買いポジション)を損切りせずホールドしています。ただし、かなり控えめにポジションを持っています。108円を切るまでは慎重にロングポジション(買いポジション)を増やしていきたいと私は考えています。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.12777~1.12781
RSI:66.85

今週後半の見通し:今現在の日足は上昇トレンドです。RSIは66.85と依然として買いが強い状況です。前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨しましたがほぼ横ばいですね。。。ここのところドルが弱いので相対的にユーロドルが上がっていますがユーロが強いわけではないのでここは辛抱強く待ちたいと思います。なので、引き続きショートポジション(売りポジション)が良いと思われます。長期戦に待ちこめる資金管理をしっかり行う事が大切です。

スポンサーリンク



週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:82.211~82.223
RSI:43.30

今週後半の見通し:今現在の日足は下降トレンドですね。RSIは43.30と売りが少し弱まってきました。豪ドルもほとんど動きがないですが下げ止まってきましたね。前回の記事でロングポジション(買いポジション)に切り替えるよう推奨しましたがユーロドル同様、こちらも少し我慢が必要ですね。引き続き、ロングポジション(買いポジション)でいきたいと思います。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、引き続きポジション控えめでロングポジション(買いポジション)
ユーロドルに関しては、じっと構えて引き続き、ショートポジション(売りポジション)。
豪ドル円に関しては、こちらも引き続き、ロングポジション(買いポジション)。ただし、81.250付近のサポートラインを割ってしまったら一旦損切りで様子見がいいかと思います。

あくまで今週後半の見通しですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の見通しでした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
日々の株・為替の動向に関してはツイッターで呟いています。ツイッターアカウントはプロフィールを参照してください。当ブログは基本的に、週末に来週の為替展望、(書く時間があれば)水曜日にその週の後半の見通しを書いていきます。以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。