週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【週間為替展望】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/06/05~2017/06/09

2017/07/07

シェアありがとうございます。

それでは、来週、2017/06/05~2017/06/09の週間為替展望に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で週間展望を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく来週、2017/06/05~2017/06/09の週間為替展望です!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:110.456~110.459
RSI:28.24

来週の見通し:今現在の日足を見ると下降トレンドです。RSIは28.24と日足で見ると売りのほうがさらに強くなってきました。前回の記事でポジション控えめでロングポジション(買いポジション)を推奨しましたので逆に動いて失敗でした。ただ、控えめにと言ったのはまだ下がる可能性が高かったからです。110円には強めのサポートラインがあるのでここまでは引き続き控えめでロングポジション(買いポジション)を推奨したいです。しっかりと余裕を持った資金調整でポジションを持ってください。ただし、110円のサポートラインをしっかり割ってきたら諦めて損切りがいいと思います。108円のサポートラインまで全然余裕で耐えられるという方はそこまで控えめでロングポジション(買いポジション)を持ってもいいと思います。私は後者です。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.12833~1.12837
RSI:71.94

来週の見通し:今現在の日足は強い上昇トレンドです。RSIは71.94と引き続き買いが強い状況です。ユーロ円は、前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨しましたのでこちらも失敗に終わりました。週足で見ると1.12800付近に抵抗線があるので私、個人的にはショートポジション(売りポジション)を推奨したいです。しかしここを突破するとさらに上昇する可能性が高まるのでここからは慎重にいったほうがいいと思います。雇用統計でドルが弱く相対的にユーロドルが上がりましたが来週調整が入ると思ったので私はショートポジションを損切りせずホールドしたままです。もう少し動きを確認したいと思っています。

スポンサーリンク



週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:82.181~82.193
RSI:27.96

来週の見通し:今現在の日足は引き続き下降トレンドです。RSIは27.96と売りがかなり強いです。豪ドルに関しては、前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨したのでまたまた利益が出たと思います。今後の豪ドル円ですがRSI的にそろそろ自力反発がありそうですし日足・週足ともにこの付近にはサポートラインがあるのでロングポジション(買いポジション)に切り替えることを推奨したいと思います。

週間為替展望まとめ

ドル円に関しては、引き続きポジション控えめでロングポジション(買いポジション)。ただし、110円のサポートラインをしっかり割ってきたら諦めて損切りがいいと思います。
ユーロドルに関しては、トレンド的には上昇トレンドだがもう少しだけショートポジション(売りポジション)でいきたいと考えています。ここからさらにユーロが買われる事が考えづらいのです。
豪ドル円に関しては、やっと日足・週足ともにサポートラインがあるのでロングポジション(買いポジション)に切り替えることを推奨したいと思います。

あくまで週間展望ですので来週、急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、来週の週間為替展望でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。