週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【週間為替展望】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/07/03~2017/07/07

2017/07/10

シェアありがとうございます。

今週は、本当に難しい週でしたね。為替相場に振り回された方もいっぱいいらっしゃるかと思います。私は、木・金と相場から離れました。ちょっと動きが読めないからです。休むも立派なトレードです。
それでは、来週、2017/07/03~2017/07/07の週間為替展望に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で週間展望を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく来週、2017/07/03~2017/07/07の週間為替展望です!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:112.409~112.412
RSI:77.06

来週の見通し:今現在の日足を見ると完全な上昇トレンドです。RSIは77.06と日足で見ると買いがかなり優勢ですね。前回の記事でロングポジション(買いポジション)を一応推奨しましたが横ばいって感じですね。冒頭にも書きましたが不安定な動きで難しかったと思います。来週はチャートだけを見ると上昇トレンドでロングポジション(買いポジション)が良さそうですがクロス円全般にいえるのですが円が売られ過ぎているので一旦、調整売りが入りそうな感じもするので私自身はショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ドル円の週足で見ても下向きのトレンドラインが邪魔しているのでやはりショートポジション(売りポジション)かなっと思います。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.14195~1.14199
RSI:68.52

来週の見通し:今現在の日足は依然として強い上昇トレンドです。RSIは68.52と買いが強い状態ですね。ユーロドルは、前回の記事で1.13500を超えてきたらロングポジション(買いポジション)を推奨しましたので正解でしたね。来週は、クロス円同様、ユーロも調整売りが入るような感じがします。日足・週足ともに買われすぎているのでクロス円の調整売りと同時にユーロも調整売りが入ると私は見ています。ただし、無難に1.14000を完全に割ってからショートポジション(売りポジション)を取るようにしたほうがいいかなっと思います。もし、来週も上がっていくようだと、1.15000まで待ってそこでショートポジション(売りポジション)を取るようにしたいです。要は、1.14000を完全に割るか1.15000まで到達するまでは様子見を推奨します。でないとユーロドルに振り回される可能性が高いからです。じっと待つのも大事な事です。

スポンサーリンク



週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:86.400~86.412
RSI:84.63

来週の見通し:今現在の日足は綺麗な上昇トレンドです。RSIは84.63と完全に日足レベルでは買われすぎです。豪ドルに関しては、前回の記事でロングポジション(買いポジション)を推奨しましたのでこれは大正解でしたね。豪ドルに関してはかなりしっかりと動きを読めているので私自身も豪ドルのおかげでかなり助かっています。来週はさすがにドル円でも書きましたが調整売りが入ると思います。ただし、資源国通貨自身はテクニカル関係なしにまだもう少し上昇する感じもするので、ポジション控えめでゆっくりとショートポジション(売りポジション)を取るようにしたいです。

週間為替展望まとめ

ドル円に関しては、一旦、調整売りが入りそうな感じもするのでショートポジション(売りポジション)を推奨。
ユーロドルに関しては、1.14000を完全に割ってからショートポジション(売りポジション)、上昇したら1.15000までじっと待ってそこでショートポジション(売りポジション)。
豪ドル円に関しては、ポジション控えめでゆっくりとショートポジション(売りポジション)。

あくまで週間展望ですので来週、急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、来週の週間為替展望でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。