週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【週間為替展望】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/08/07~2017/08/11 今週後半の見通し

2017/08/12

シェアありがとうございます。

今週、2017/08/07~2017/08/11の後半の見通しに入りたいと思います。今週前半は、非常に分かりやすかったです。今週後半からはお盆休みに入りますのでボラティリティが大きくなるので取引は慎重に。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の見通しを書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2017/08/07~2017/08/11の後半の見通しです!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:110.006~110.009
RSI:34.89

今週後半の見通し:今現在の日足を見ると明らかに下降トレンドですね。RSIは34.89と日足レベルでは引き続き売られ過ぎていますね。前回の記事で「111.000円付近を明確に越えてこない限りは109.000円まではショートポジション(売りポジション)を継続。」と書きました。結果的には成功だったと思います。今後のドル円ですがショートポジション(売りポジション)を継続でいいと思います。完全に下降トレンドなので109円まではショートポジション(売りポジション)を継続でいきましょう。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.17381~1.17385
RSI:58.03

今週後半の見通し:今現在の日足はまだまだ上昇トレンドです。RSIは58.03と買いが強い状況は大分落ち着いてきました。前回の記事で「ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、直近の高値の1.19前半を超えてきたら損切り。」と書きました。結果はこちらもまぁ成功だったと思います。今後のユーロドルですが引き続きショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。前回の記事でも書きましたがトレンドが転換した可能性があるので注意深くショートポジション(売りポジション)を強めていきたいと思っています。

スポンサーリンク



週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:86.649~86.661
RSI:28.02

今週後半の見通し:今現在の日足は、やや下降トレンドに入ったかなっと思います。RSIは28.02とかなり売られすぎていますね。前回の記事で「来週の前半は様子見を推奨。ただし、87円を割ってくればショートポジション(売りポジション)。」と書きました。豪ドルに関しても、トレード的には成功といって良いと思います。今後の豪ドル円は上向きのトレンドラインを下抜けしたのでショートポジション(売りポジション)でいいかなっとも思うのですが売られすぎているので86.000円で反発も考えられるので少なめのポジションでショートポジション(売りポジション)で86.000円を割ってきたらショートポジション(売りポジション)を増すって感じがいいかなっと思います。ただし、87.500付近まで反発したら損切りが賢明かと思います。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、111.000円付近を明確に越えてこない限りは109.000円まではショートポジション(売りポジション)を継続。(前回と変わらず)
ユーロドルに関しては、ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、ユーロの動きは神経質なので1.18000ドルを明確に超えてきたら一度、損切り。
豪ドル円に関しては、少なめのポジションでショートポジション(売りポジション)で86.000円を割ってきたらショートポジション(売りポジション)を増す。ただし、87.500付近まで反発したら損切り。

あくまで今週後半の見通しですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の見通しでした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。