週間為替展望.com

週間為替展望を独自視点で書いていきます。

【週間為替展望】2017/04/03~2017/04/07 今週後半の見通し

2017/06/07

シェアありがとうございます。

それでは今週、2017/04/03~2017/04/07の後半の見通しに入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の見通しを書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2017/04/03~2017/04/07の後半の見通しです!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
RSI:30.18

今週後半の見通し:今現在の日足を見ると引き続き下降トレンドです。前回の記事で112円の抵抗線を超えてこれるか?って書きましたが跳ね返されているので引き続きファンダメンタル的にもテクニカル的にも私はショートポジション(売りポジション)を推奨します。112円を超えてくるまではなかなかロングポジション(買いポジション)は慎重に行った方がいいと考えます。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:下降トレンド
RSI:39.83

今週後半の見通し:今現在の日足は下降トレンドです。RSIは39.83とやや売られすぎですがトレンドライン的にも支持線的にもそろそろ反発(上昇)があってもいいかと思いますので試しに少し買いポジションを入れるのもありかなっと思います。ただし、損切りラインをしっかり入れてください。私なら1.0600割ったら損切りするかなっと思います。ここで反発しなければ次のターゲットの1.0500までは素直にショートポジション(売りポジション)を推奨します。

週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
RSI:26.31

今週後半の見通し:今現在の日足は下降トレンドです。RSIは26.31と前回の記事よりもさらに売られていますね。引き続き大きく反発(上昇)したら86.00円を超えるまでは戻り売りでいいかと考えます。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、ショートポジション(売りポジション)。
ユーロドルに関しては、一旦、トレンドライン的にも支持線的にもロングポジション(買いポジション)。ただし1.0600割ったら素直にショートポジション(売りポジション)を推奨します。
豪ドル円に関しては、86.000円までは戻り売り、86.000円を超えてきたらロングポジション(買いポジション)。

かなっと思います。あくまで今週後半の見通しですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の見通しでした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
日々の株・為替の動向に関してはツイッターで呟いています。ツイッターアカウントはプロフィールを参照してください。当ブログは基本的に、週末に来週の為替展望、(書く時間があれば)水曜日にその週の後半の見通しを書いていきます。以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。