【FX】週間為替展望.com

 独自視点で週間為替展望を書いていきます。

【週間為替展望】2017/04/17~2017/04/21 今週後半の見通し

シェアありがとうございます。

それでは今週、2017/04/17~2017/04/21の後半の見通しに入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の見通しを書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2017/04/17~2017/04/21の後半の見通しです!

スポンサーリンク

ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:108.412~108.415
RSI:14.80

今週後半の見通し:今現在の日足を見ると引き続き下降トレンドです。RSIは14.80と売られすぎ感がさらに強まってきました。週間展望でもショートポジション(売りポジション)を推奨したので読者の方はかなり利益が出たのではないかと思います。105円付近までは特に大きな支持線(サポートライン)もないので素直に引き続きファンダメンタル的にもテクニカル的にも私はショートポジション(売りポジション)を推奨します。ただし、週足を見てみるとトレンドライン的には反発があってもおかしくないチャートを形成しているのでこのポイントで反発したらロングポジション(買いポジション)に切り替えるのもありかと思います。(日足のRSIも14.80と売られすぎなので) ただし、大局は下降トレンドなので慎重にロングポジション(買いポジション)は持つべきだと考えます。

ユーロドル

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:1.07295~1.07299
RSI:57.97

今週後半の見通し:今現在の日足は上昇トレンドです。RSIは57.97とやや買いが強まってきました。こちらも週間展望で、「トレンドラインがしっかりサポートラインとなって反発を始めているように見えるのでRSI的にもトレンドライン的にもロングポジション(買いポジション)を推奨します。」っと書いたように上昇を始めました。ドル円同様、読者の方々はかなり利益が出たと思います。今後は1.0800付近までは抵抗線も無いので引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨します。ただし、今度は下向きのトレンドラインが抵抗線を形成しているチャートになってきているのでここからもう一段階上昇しないようだと損切りしてショートポジション(売りポジション)に切り替えるべきだと思います。ユーロドルは動きが早いので初心者にはあまりお勧めしません笑

豪ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:81.961~81.973
RSI:16.84

今週後半の見通し:今現在の日足は下降トレンドです。RSIは16.84とさらに売られすぎ感が強まっています。トレンド的にも直近に支持線が無い事からも引き続きショートポジション(売りポジション)で良いと考えます。何度も何度も言って申し訳ないですが、大きく反発(上昇)したら86.00円を超えるまでは戻り売りというかナンピン売りでいいかと考えます。ただし、ナンピン売りをする事を前提にショートポジション(売りポジション)を持つなら資金に余裕を持ってショートポジション(売りポジション)を入れてください。これは週間展望で書いたとおりです。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、ショートポジション(売りポジション)。トレンドライン的に反発したらロングポジション(買いポジション)もあり。
ユーロドルに関しては、トレンドライン的にロングポジション(買いポジション)。ただし、もう一段階上昇しないようだとショートポジション(売りポジション)。
豪ドル円に関しては、86.000円まではショートポジション(売りポジション)。大きく反発(上昇)したら戻り売り(もしくはナンピン売り)、86.000円を超えてきたらロングポジション(買いポジション)。(豪ドル円に関しては、今週の初めと見通しは全く変わってないです。)

かなっと思います。あくまで今週後半の見通しですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の見通しでした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
日々の株・為替の動向に関してはツイッターで呟いています。ツイッターアカウントはプロフィールを参照してください。当ブログは基本的に、週末に来週の為替展望、(書く時間があれば)水曜日にその週の後半の見通しを書いていきます。以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。