週間為替展望.com

週間為替展望を独自視点で書いていきます。

【週間為替展望】2017/05/01~2017/05/05 今週後半の見通し

2017/06/07

シェアありがとうございます。

それでは今週、2017/05/01~2017/05/05の後半の見通しに入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の見通しを書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2017/05/01~2017/05/05の後半の見通しです!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:112.059~112.062
RSI:78.13

今週後半の見通し:今現在の日足を見ると上昇トレンドです。RSIは78.13とかなり買いが強まっていますね。112円の抵抗線を突破出来るか出来ないかが本当に非常に大事なポイントになってくると思います。112円をしっかり超えてくればロングポジション(買いポジション)が良いと思いますが超えてこなければRSI的にもショートポジション(売りポジション)が良いと思います。個人的にはショートポジション(売りポジション)のほうがいいかなっと思っていますし、実際、ショートポジション(売りポジション)を持ち始めました。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.09338~1.09342
RSI:83.65

今週後半の見通し:今現在の日足は上昇トレンドです。RSIは83.65とさすがに日足レベルでは買われすぎ感がありますね。次のターゲットの1.10000まではあまり逆らわずロングポジション(買いポジション)が良いと思いますがRSI的に買われすぎているのでそろそろショートポジション(売りポジション)を持ち始めるのもいいかなっと思っていて私はドル円同様、ショートポジション(売りポジション)を持ち始めました。

週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:84.457~84.469
RSI:65.95

今週後半の見通し:今現在の日足は上昇トレンドです。RSIは65.95とすこし買われすぎ感が出始めました。84.000円付近の抵抗線をしっかり突破し次のターゲットの86.000円付近まではロングポジション(買いポジション)が良いかとおもいます。邪魔になっていた下向きのトレンドラインも突破していますので今までのショートポジション(売りポジション)からそろそろロングポジション(買いポジション)が良いかなっと思います。私自身はポジションを持たずもう少し様子を見ようと思っています。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、当面はロングポジション(買いポジション)を推奨。112.000円の抵抗線を突き抜けなければショートポジション(売りポジション)に切り替えるべき。(週初めと見解変わらず)
ユーロドルに関しては、素直にいくならロングポジション(買いポジション)ですが逆張り派の方はそろそろショートポジション(売りポジション)を持ち始めても良いかなっと思います。
豪ドル円に関しては、84.000円付近の抵抗線をしっかり超えてきてトレンドラインが逆にサポートラインになっているのでロングポジション(買いポジション)。

かなっと思います。あくまで今週後半の見通しですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の見通しでした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
日々の株・為替の動向に関してはツイッターで呟いています。ツイッターアカウントはプロフィールを参照してください。当ブログは基本的に、週末に来週の為替展望、(書く時間があれば)水曜日にその週の後半の見通しを書いていきます。以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。