週間為替展望.com

週間為替展望を独自視点で書いていきます。

【週間為替展望】2017/05/15~2017/05/19

2017/06/07

シェアありがとうございます。

それでは、来週、2017/05/15~2017/05/19の週間為替展望に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で週間展望を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく来週、2017/05/15~2017/05/19の週間為替展望です!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:113.347~113.350
RSI:78.41

来週の見通し:今現在の日足を見ると上昇トレンドです。RSIは78.41と日足で見ると依然として買われすぎています。来週のドル円はRSI上、買われすぎているのもありますが114円付近の抵抗線で一旦跳ね返されたのもあるのでショートポジション(売りポジション)で良いと思います。個人的には112円付近まではショートポジション(売りポジション)でいきたいなっと思っておりますが今のドル円は買いが強いという事実もあるので押し目買いが強そうだと判断したら114円でショートポジション(売りポジション)は損切りがいいかと思います。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.09314~1.09318
RSI:56.00

来週の見通し:今現在の日足は上昇トレンドです。RSIは56.00と平均的ですね。1.10000付近の抵抗線を超える事が出来ず、一旦跳ね返されましたが再び先週の金曜日から上昇し始めました。ただ、この反発は一時的なものだとわたしは考えているので今現在保有しているショートポジションはキープしておこうと思います。1.10000付近の抵抗線をしっかり超えてきたら損切りでいいかなっと思っています。

週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:83.701~83.713
RSI:56.27

来週の見通し:今現在の日足は引き続き下降トレンドです。RSIは56.27と平均的ですね。豪ドル円に関してはやはり、84.000円の抵抗線を突き抜けることが出来なくて停滞していますので引き続き様子見がいいかと思います。上向きのトレンドラインがサポートラインとなって下げづらいチャートを形成しているので今はとにかく豪ドルに関しては辛抱するのが賢明だと考えます。

週間為替展望まとめ

ドル円に関しては、RSI的にも114円付近の抵抗線的にもショートポジション(売りポジション)のほうが引き続き良いように感じます。
ユーロドルに関しては、押し目買いの勢いも否定できませんが個人的にはショートポジション(売りポジション)で良いかなっと思います。ただし、1.10000付近の抵抗線をしっかり超えてきたら損切りで。
豪ドル円に関しては、引き続き様子見がいいと思います。トレードはとにかく辛抱が大事だと私は考えていますので。

あくまで週間展望ですので来週、急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、来週の週間為替展望でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。