週間為替展望.com

週間為替展望を独自視点で書いていきます。

【週間為替展望】2017/05/29~2017/06/02

2017/06/07

シェアありがとうございます。

それでは、来週、2017/05/29~2017/06/02の週間為替展望に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で週間展望を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく来週、2017/05/29~2017/06/02の週間為替展望です!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:111.291~111.320
RSI:37.70

来週の見通し:今現在の日足を見ると下降トレンドです。RSIは37.70と日足で見ると売りのほうがかなり強くなってきましたね。前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨しましたので良かったと思います。来週のドル円はトレンドラインが今度はサポートラインとなって形成されているのとRSI的に売りが強くなってきているので来週に限ってはポジション控えめでロングポジション(買いポジション)が良いかなっと思います。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.11761~1.11800
RSI:68.60

来週の見通し:今現在の日足は未だ上昇トレンドです。RSIは68.60と引き続き買いが強い状況です。ドル円同様、こちらも前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨しましたが思いのほか下がらず、苦戦しました笑 ただ、引き続きそれほどもう上昇の余地がないのでショートポジション(売りポジション)のほうが良いかなっと思います。

週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:82.854~82.893
RSI:43.59

来週の見通し:今現在の日足は引き続き下降トレンドです。RSIは43.59とすこし売りがまた強まってきました。豪ドルに関しても前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨したのでかなり利益が出た方もいらっしゃるのではないでしょうか。豪ドルは引き続き84.000円を超えてくるまではあまり考えずにショートポジション(売りポジション)で良いかなっと思います。上がったら少し売り増しして84.000円をしっかり超えてきたら負けを認めて損切りでいいかと思います。

週間為替展望まとめ

ドル円に関しては、RSI的に売りが強くなってきているので来週に限ってはポジション控えめでロングポジション(買いポジション)。
ユーロドルに関しては、引き続きそれほどもう上昇の余地がないのでショートポジション(売りポジション)のほうが良いかなっと思います。
豪ドル円に関しては、引き続き84.000円を超えてくるまではあまり考えずにショートポジション(売りポジション)で良いかなっと思います。上がったら少し売り増しして84.000円をしっかり超えてきたら負けを認めて損切りでいいかと思います。

あくまで週間展望ですので来週、急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。特にG7明けで週明けから大きく動く事も考えられるので月曜日は様子見でもいいかと思います。

以上、来週の週間為替展望でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。