週間為替展望.com

週間為替展望を独自視点で書いていきます。

【週間為替展望】2017/06/19~2017/06/23

シェアありがとうございます。

それでは、来週、2017/06/19~2017/06/23の週間為替展望に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で週間展望を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく来週、2017/06/19~2017/06/23の週間為替展望です!

スポンサーリンク

週間為替展望 ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:110.855~110.858
RSI:46.96

来週の見通し:今現在の日足を見ると下降トレンドです。RSIは46.96と日足で見ると売りのほうがすこし弱まってきましたね。前回の記事でじっくりとショートポジション(売りポジション)を推奨しましたがじんわりと利益がのっている感じですね。実際、私もショートポジションをホールドしています。来週ですが、長い上ひげで先週末クローズしていますので引き続きショートポジション(売りポジション)が良いかと思います。焦らずじっくりが何事も大事ですね。

週間為替展望 ユーロドル

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:1.11931~1.11935
RSI:53.30

来週の見通し:今現在の日足は強い上昇トレンドです。RSIは53.30と均衡状態が続いていますね。ユーロ円は、前回の記事でショートポジション(売りポジション)を推奨しましたのでこちらはほぼ変わらずといったところですね。先週末のクローズで1.12000を超えてこなかったので来週も引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨します。私は終値というのをとても重要視していて一日単位の終値も大事ですが週末の終値は非常に気にしています。そういう意味で週末、1.12000を越えずにクローズしたのは大きなポイントだと思っています。

週間為替展望 豪ドル円

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:84.453~84.465
RSI:69.01

来週の見通し:今現在の日足は上昇トレンドです。RSIは69.01と買いが強くなってきました。豪ドルに関しては、前回の記事でロングポジション(買いポジション)を推奨したので大成功と言っていいと思います。来週の展望ですがちょうど84.500円付近の抵抗線に押し返されてクローズしましたので非常に難しいのですが引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨したいです。ただし、84.000円を割ってきたら一旦損切りして様子見が良いかと思います。

週間為替展望まとめ

ドル円に関しては、引き続きショートポジション(売りポジション)。
ユーロドルに関しても、引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨
豪ドル円に関しては、引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、84.000円を割ってきたら一旦損切りして様子見が良いかと思います。

あくまで週間展望ですので来週、急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、来週の週間為替展望でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-週間為替展望

シェアありがとうございます。