週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【アンリツ(6754)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、ダウの下落・中国市場の下落を受けて開始直後は反発して始まりましたがやはり徐々に失速して前営業日比マイナスで終わりました。TOPIXは本日もまたまた年初来安値を更新しましたね。マザーズ・JASDAQに関しても、大幅下落でしたね。特にマザーズは4%以上の下げで下落幅が凄いですね。ただ、まだまだセリクラって感じがせず信用買いの方が損切りをせず頑張って持っているのかなって思います。個人的には信用買いの方は早めに損切りをしたほうがいいです。信用買いが残っていればいるほど大口が仕掛けてきますので余計傷口を広げると思います。私も昔、大怪我しましたので。。。本日の銘柄分析は株式コード6754、アンリツという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月29日の今現在の株価は「1,567円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには156,700円必要という事になります。株としてみれば、そこそこお安いお値段ですね。こちらの銘柄は、月足で見ると2017年から上昇トレンドに入っていましたが今月の大幅な下落で月足の短期移動平均線にタッチしそうですね。それではアンリツの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

アンリツ 株式銘柄分析

株価始値:1,641.0円

株価高値:1,666.0円

株価安値:1,563.0円

株価終値:1,567.0円

前日比:-72(-4.39%)

PBR:2.75倍
PER:40.59倍

ROE:3.73%(2018年3月期)
参考:3.55%(2017年3月期)
参考:4.87%(2016年3月期)

ROA:2.34%(2018年3月期)
参考:2.16%(2017年3月期)
参考:2.99%(2016年3月期)

BPS:569.54円(2018年3月期)
参考:556.40円(2017年3月期)
参考:552.26円(2016年3月期)

自己資本率:64.6%(2018年3月期)
参考:61.1%(2017年3月期)
参考:60.8%(2016年3月期)

営業利益:4,912百万円(2018年3月期)
参考:4,234百万円(2017年3月期)
参考:5,897百万円(2016年3月期)

配当利回り:1.08%(会社予想)

アンリツは、電子計測器事業が有名ではないでしょうか。異物等を検出するX線検査機なども有名かと思います。そのX線検査機が国内外で好調で復調と四季報には書いてありますね。19年3月期・20年3月期の業績予報を見ても増収増益予想で特に営業利益が大幅に伸びる見通しですね。かなり強気なのかそれだけ好調なのかちょっと分かりませんが次の決算発表日が10月31日ですので非常に楽しみですね。ただし、予想を上回る業績でも今現在相場全体が冷え込んでいるので下がる可能性もありますね。これが株式投資の難しさですね。PBR・PERを見るとかなりの割高でROE・ROAを見てもごくごく平凡。復調期待で買われている感じがするので決算が微妙だったら売りが加速するかもしれませんね。

スポンサーリンク


アンリツ 株式銘柄分析まとめ

月足チャートを見る限りは心理的な節目である1,000円を割り込んだら面白いのかなって思います。がしかし、10月31日の決算発表が良ければそこまで下がる事も無いので上がったら上がったらで別の銘柄を探せばよいのかなって思っています。どちらにしましても今現在の株価水準ではちょっと買いづらいです。かなり期待感から買われていますが月足の直近の底値から見ると今現在の株価は約2倍です。十分に買われているので私は敬遠したいです。時価総額的にはまだまだ伸びしろがありますがちょっと期待感が強過ぎるかなって思いますので。あと、私自身が慎重派なので・・・

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:25%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-