週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【イオン(8267)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日は、株式コード8267、イオンという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、12月09日時点の終値は「1,895円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには189,500円必要という事になります。株としてみれば、まぁまぁお安いお値段ですね。この銘柄は2017年は、年初に1,650円ぐらいでスタートしてその後、ずっと揉み合って1600円台のレンジ相場を長く続けていましたが11月の末から上昇を開始してここに来て年初来高値を更新しましたね。それでは、イオンの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

イオン 株式銘柄分析

PBR:1.41倍
PER:110.17倍

ROE:0.99%(2017年2月期)
参考:0.51%(2016年2月期)
参考:3.62%(2015年2月期)

ROA:0.13%(2017年2月期)
参考:0.07%(2016年2月期)
参考:0.57%(2015年2月期)

BPS:1,349.79円(2017年2月期)
参考:1,364.57円(2016年2月期)
参考:1,443.97円(2015年2月期)

自己資本率:12.9%(2017年2月期)
参考:13.9%(2016年2月期)
参考:15.3%(2015年2月期)

営業利益:184,739百万円(2017年2月期)
参考:176,977百万円(2016年2月期)
参考:141,368百万円(2015年2月期)

配当利回り:1.58%(会社予想)

イオンと聞くと普通の人はショッピングセンター・スーパーってイメージが強いですよね。「まいばすけっと」とかもイオン系列ですね。私も良く使わせてもらってます。実際、売上げ比率の7割弱ぐらいを占めるのでその通りなんですが実は、イオン銀行等の金融業やショッピングセンターの開発・賃貸などの不動産業が好調で営業利益を押し上げています。今後の成長性としてはショッピングセンター・スーパーなどの既存店の売上げではなく今現在売上げ比率が低い、金融業や不動産業の方に期待するしかないかなっと思います。ただし、金融業も不動産業もなかなか新規参入したからといって売上げが伸びるほど簡単な分野ではないので個人的にはそこまで成長性は期待できないという厳しい見解を持っています。

スポンサーリンク


イオン 株式銘柄分析まとめ

自己資本率が低く財務の健全性が良くなく、ROE・ROAを見ても利益率が悪いですね。PERを見ても非常に割高で正直、個人的にはなぜ年初来高値をつけているのかさっぱり分からないです。まだまだ私が未熟なのもありますがいずれ1,600円台のレンジ相場に戻ると予測しています。金融業や不動産業も良いのですが、いろいろな事業に手を出し過ぎると企業としてのブランド価値が下がると個人的には思っていて本業の収益改善に1番力を入れて欲しいなって思います。実際、物流の改善等行っていますがもう少し企業努力を見せていわゆるGMS事業にもっと注力して欲しいなって個人的には思います。あくまで個人的な感想ですがあまり別の分野の事業に手を出しても撤退って事が往々にありますのでそうなるとまたまた収益悪化に繋がるのでやはり本業第一主義でいってほしいなって思います。イオンにはそこそこ行くので嫌いではないので応援の意味で厳しめの意見にしておきました笑

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:10%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。ブログ:「単複勝負.com」 予想実況(YouTube):「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-