週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【サカイ引越センター(9039)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

今日の株式市場は、円高を嫌気してか日経平均・TOPIXともに下落していますね。特にマザーズがかなり下げていますね。最近のマザーズは波が荒いので大きく下げてきたところで拾って反発したところで利確するっていう形を取っているのですがそれでも私自身はあまり上手くいっていません笑 短期売買が向いていないんでしょうね笑 上手い人は本当に上手いですからね。。。本日は、株式コード9039、サカイ引越センターという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、03月19日の今現在の株価は「5,430円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには543,000円必要という事になります。株としてみれば、普通のお値段かなっと思います。この銘柄は、2016年の11月ぐらいから徐々に上昇を開始して2017年の10月に一度、6,740円の高値をつけました。その後は調整売りも含めて下落していますが今現在はまた揉み合い始めています。それでは、サカイ引越センターの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

サカイ引越センター 株式銘柄分析

PBR:2.21倍
PER:18.17倍

ROE:9.97%(2017年3月期)
参考:10.23%(2016年3月期)
参考:10.70%(2015年3月期)

ROA:6.54%(2017年3月期)
参考:6.73%(2016年3月期)
参考:6.88%(2015年3月期)

BPS:2,254.76円(2017年3月期)
参考:2,074.06円(2016年3月期)
参考:3,855.87円(2015年3月期)

自己資本率:64.1%(2017年3月期)
参考:67.3%(2016年3月期)
参考:64.3%(2015年3月期)

営業利益:7,552百万円(2017年3月期)
参考:6,787百万円(2016年3月期)
参考:6,337百万円(2015年3月期)

配当利回り:0.93%(会社予想)

サカイ引越センターは、名前の通り引越運送業務を主事業とした会社ですね。PBRを見ると若干割高ですがPERやROE・ROAを見るとそこまで割高って感じも個人的にはしないですね。ただ、もう少し株価が下がったところが狙い目かなっと思います。今年の2月14日につけた直近の安値の4,680円よりやや下の4,500円割れぐらいで狙いたい銘柄ですね。一度、4,680円で反発しているのでなかなか落ちてこないかもしれませんがじっと4,500円付近まで落ちてくるのを待ちたいですね。

スポンサーリンク


サカイ引越センター 株式銘柄分析まとめ

いろいろな投資スタイルがありますが私は基本的に業績のしっかりとした割安銘柄を買いたいのでじっくりと下がってくるのを待ちます笑 とにかく臆病なので勢いのある銘柄を順張りで買うのはあまりしないです。デイトレードの方は勢いのある銘柄を順張りで買うのがいいのかもしれませんが私のトレードスタイルと合わないのでやりません。自分に合ったトレードスタイルを見つけるのが何より大切だと個人的には思います。少し話しが逸れましたがサカイ引越センターは自己資本率も高く、財務状況も良いので基本的には良い銘柄だと思います。これはあくまで個人的な推測ですが、今後持ち家率が下がっていき賃貸の割合が高くなっていくと思っているので引越業界は成長性も期待できると思います。なのでしっかりチャートを監視して割安なところで買いたいですね。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:40%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。ブログ:「単複勝負.com」 予想実況(YouTube):「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。