週間為替展望.com

為替と株式銘柄の今後の見通しを書いています

【ヤマトホールディングス(9064)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、日経平均が3日ぶりくらいに反発しましたね。為替相場のほうが落ち着いていて日中の中国市場も強かったのが良かったかなって思います。見ていて安心感がありましたね。マザーズ・JASDAQに関しても堅調で、マザーズは大分、回復してきましたね。JASDAQも堅調なのですがちょっとマザーズに比べると弱いですね。騰落レシオ(25日)をみるとまだまだ売られているので日経平均は21,000円台までは回復するのではないかなって思います。本日の銘柄分析は株式コード9064、ヤマトホールディングスという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、01月18日の今現在の株価は「3,048円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには304,800円必要という事になります。株としてみれば、普通のお値段ですね。こちらの銘柄は、月足で見ると、2013年の1月からゆっくりと段階を踏みながら上昇していますね。6年かけて株価が2倍になっていますね。それでは、ヤマトホールディングスの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

ヤマトホールディングス 株式銘柄分析

株価始値:3,039円

株価高値:3,104円

株価安値:3,037円

株価終値:3,048円

前日比:+33(+1.09%)

PBR:2.16倍
PER:30.81倍

ROE:3.35%(2018年3月期)
参考:3.35%(2017年3月期)
参考:7.15%(2016年3月期)

ROA:1.63%(2018年3月期)
参考:1.64%(2017年3月期)
参考:3.63%(2016年3月期)

BPS:1,395.74円(2018年3月期)
参考:1,367.51円(2017年3月期)
参考:1,349.56円(2016年3月期)

自己資本率:49.3%(2018年3月期)
参考:48.4%(2017年3月期)
参考:49.4%(2016年3月期)

営業利益:35,685百万円(2018年3月期)
参考:34,885百万円(2017年3月期)
参考:68,540百万円(2016年3月期)

配当利回り:0.92%(会社予想)

ヤマトホールディングスは、みなさんもご存知のとおり宅配便大手ですね。みなさんも少なからずお世話になっていると思います。アジア展開を本格化しているので巨大企業ですが成長性は見込めると個人的には思います。日本で確立した物流網、物流システムがアジア諸国でうまく展開出来るかが非常にポイントになってきますね。道路事業も風習・習慣も違いますので。四季報の業績予想を見ると17年・18年と落ち込んだ営業利益が回復する見通しですね。1月30日に4月~12月期の決算発表がありますがニュースを見ると好調のようですね。今後は直近の高値の3,500円をしっかり越えることが出来るかですね。

スポンサーリンク


ヤマトホールディングス 株式銘柄分析まとめ

ある程度、決算が好調なのは株価に織り込まれていると思いますのでここからさらに上昇するかと言われると結構上値は重いのではないかなって思います。上方修正など余程のサプライズが無い限りは材料出尽くしで揉みあうのではないかなって思います。相場全体が強ければ連れて上昇すると思いますが、3,500円の抵抗線を超えてくるのはなかなか難しいのかなって思います。しばらくは3,000円前後で揉みあってそこから、上に行くのか下に行くのかって感じかなって思います。個人的には今後の成長性が楽しみです。アジアでの売上拡大が予想以上だったら面白いですね。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:30%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-