週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【リクルートホールディングス(6098)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、トルコ懸念が一時的にですが後退した事により大幅に反発しましたね。日経平均は500円近く上げて終了しました。マザーズ・JASDAQに関しても、反発しましたが非常に戻りが弱くマザーズは1,000ポイントに戻りませんでしたね。日経225が上がっても正直、個人的にはあまり影響が無くほとんど資産が増えていませんでしたね。。。こういう日にしっかり資産を戻しておかないと駄目ですね。本日は株式コード6098、リクルートホールディングスという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、08月14日の今現在の株価は「3,254円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには325,400円必要という事になります。株としてみれば、普通のお値段ですかね。こちらの銘柄は、月足で見ると2016年くらいから右肩上がりに上昇して株価が約3倍にまで上昇していますね。それではリクルートホールディングスの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

リクルートホールディングス 株式銘柄分析

株価始値:3,245.0円

株価高値:3,254.0円

株価安値:3,126.0円

株価終値:3,254.0円

前日比:+41.0(+1.28%)

PBR:6.05倍
PER:36.07倍

ROE:18.88%(2018年3月期)
参考:11.09%(2017年3月期)
参考:8.49%(2016年3月期)

ROA:10.03%(2018年3月期)
参考:6.57%(2017年3月期)
参考:5.73%(2016年3月期)

BPS:500.20円(2018年3月期)
参考:1,384.16円(2017年3月期)
参考:1,363.96円(2016年3月期)

自己資本率:53.1%(2018年3月期)
参考:53.2%(2017年3月期)
参考:66.9%(2016年3月期)

営業利益:199,228百万円(2018年3月期)
参考:131,718百万円(2017年3月期)
参考:119,336百万円(2016年3月期)

配当利回り:0.83%(会社予想)

リクルートホールディングスは、求人情報検索エンジン「インディード」などが有名ですね。人材派遣事業をメイン事業として人材採用に関する様々なサービスを提供していますね。社会人の方ならリクルートは一度は目を通した事がありますよね。順調に株価が上昇しており今年に入ってからも一度下落したもののしっかり反発して非常に力強い値動きになっています。PBR・PERを見ると超割高ですがそんな事全く気にしていない感じが株価からは見受けられますね。時価総額が約5.5兆円と超大型株でここからの上昇は?って感じがしますね。たしかにROE・ROAは優秀ですがもうかなり織り込み済だと思いますのでここから買うのは個人的には怖いです。

スポンサーリンク


リクルートホールディングス 株式銘柄分析まとめ

上がり続ける株は無いと思いますのでどこかで下降トレンドに突入すると思います。割高な株価が必ず見直されると思っています。個人的には2,000円を割ってきたところで監視を始める程度かなって思います。今後の成長性に期待出来るかと言われると個人的には?って感じがするので過度の期待は禁物だと思います。たしかに四季報を見る限りは「インディード」が絶好調のようですがこの先もグングン伸びていくかなぁっとちょっと半信半疑です。人材派遣は、アメリカ・日本ともに今後苦戦すると個人的には思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:20%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-