週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【ローツェ(6323)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

今日の株式市場はやや弱めでしたね。少し過熱感が強いのでそろそろ振り落とされる危険性があるので私自身は慎重に取引しています。相場というのはみんなが儲かるようには出来ていません。一部の者しか勝てないようになっていると思っているので皆が儲かる上昇相場の時は慎重に取引するようにしています。本日は、株式コード6323、ローツェという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、01月11日時点の終値は「2,945円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには294,500円必要という事になります。株としてみれば、ごくごく普通のお値段ですね。この銘柄は2017年に約1,800円でスタートした後、激しく乱降下を繰り返しながらも上昇していき約1.6倍程度になっていますね。ただ、乱降下が激しいので長期で持つという信念が無いとなかなか長期保有できない銘柄かなっと個人的に思いました。それでは、ローツェの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

ローツェ 株式銘柄分析

PBR:3.15倍
PER:17.31倍

ROE:23.74%(2017年2月期)
参考:20.42%(2016年2月期)
参考:9.71%(2015年2月期)

ROA:12.35%(2017年2月期)
参考:10.36%(2016年2月期)
参考:4.61%(2015年2月期)

BPS:820.34円(2017年2月期)
参考:668.80円(2016年2月期)
参考:556.03円(2015年2月期)

自己資本率:52.5%(2017年2月期)
参考:51.4%(2016年2月期)
参考:50.0%(2015年2月期)

営業利益:4,572百万円(2017年2月期)
参考:2,938百万円(2016年2月期)
参考:782百万円(2015年2月期)

配当利回り:0.68%(会社予想)

ローツェは、いわゆる半導体関連銘柄として今注目を浴びているトレンド銘柄ですね。売上の9割ぐらいをウエハ搬送機とガラス基板搬送機で占めています。利益率も非常に良く2017年2月期のROEを見ると20%オーバー、ROAも10%超えと凄いですね。ただし、期待感で買われていたこともあり昨日発表された決算短信自体は悪くは無かったのですが9-11月期が、前年同期比で減益となっていることから一旦、利益確定売りが優勢になって本日は5%以上の下げで終わりました。いつも言われる期待で買われ事実で売られるという典型ですね。一旦、しばらくの間は売りが優勢になるかもしれませんが時価総額も519億円程度しかないので今後の成長性がかなり期待できるので売りが落ち着いたタイミングでしっかりチャート分析していわゆる押し目買いをすればいいのではないかと個人的には思います。

スポンサーリンク


ローツェ 株式銘柄分析まとめ

PBRが3.15倍で日足の株価25日移動平均線からの乖離率も8%を超えていて過熱感と割高感があるので、しばらくは様子見がいいと思います。PBRが3.15倍ですが成長性を考えるとそこまでの割高感はないので2,400円から2,600円の価格帯に出来た窓をしっかり埋めてくれば、つまり2,000円台前半までおちてくれば一旦、打診買いをしても個人的にはいいかなっと思います。勢いがある銘柄なのでそこまで落ちずに再度、上昇するかもしれませんが大事なのはどこで買うかというタイミングなので無理に高値で買う必要はないので押し目がなければ他の銘柄を調査した方が個人的にはいいかなっと思いますね。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:20%

人気ブログランキング(現在7位)
FC2 ブログランキング(現在33位)
にほんブログ村 為替日記(現在18位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。