週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【三井住友フィナンシャルグループ(8316)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、少し反発しましたね。日経平均は10月に入ってから2,000円以上下げていたのでこれくらいの自律反発はあって当然だと思います。上海市場が弱かったのでどうかなって思いましたがしっかり買い戻しが入りました。マザーズ・JASDAQに関しては、どちらも非常に弱く前日比マイナスで終わるかと思いましたがなんとか若干のプラスで終了しました。本日の銘柄分析は株式コード8316、三井住友フィナンシャルグループという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月16日の今現在の株価は「4,400円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには440,000円必要という事になります。株としてみれば、普通のお値段の範囲ですね。こちらの銘柄は、月足で見ると2,000円付近で底打ちしてその後は4,000円から6,000円付近で揉みあっていますね。それでは三井住友フィナンシャルグループの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

三井住友フィナンシャルグループ 株式銘柄分析

株価始値:4,374.0円

株価高値:4,415.0円

株価安値:4,366.0円

株価終値:4,400.0円

前日比:+53(+1.22%)

PBR:0.59倍
PER:8.77倍

ROE:7.30%(2018年3月期)
参考:7.58%(2017年3月期)
参考:7.21%(2016年3月期)

ROA:0.37%(2018年3月期)
参考:0.37%(2017年3月期)
参考:0.35%(2016年3月期)

BPS:7,366.21円(2018年3月期)
参考:6,901.67円(2017年3月期)
参考:6,519.60円(2016年3月期)

自己資本率:5.2%(2018年3月期)
参考:4.9%(2017年3月期)
参考:4.8%(2016年3月期)

営業利益:1,203,845百万円(2018年3月期)
参考:1,132,860百万円(2017年3月期)
参考:1,142,931百万円(2016年3月期)

配当利回り:3.86%(会社予想)

三井住友フィナンシャルグループは、3大メガバンクの一つですね。配当利回りを見るとみずほが一番利回りいいですし購入資金も少なくて済むので3大メガバンクならみずほが良いのかなって思いますがシステムが不安定でトラブルが多いので個人的には三井住友が一番良いのかなって思います。そんな事言っておきながら口座を開設していませんが笑 どのメガバンクも良く似た決算内容でどのメガバンクも同程度のPBR・PERですね。取引量も多く値動きが重いので短・中期にはあまり向かず長期投資でコツコツ積み立てていくのが一番良いと思います。3大メガバンクが潰れるような事はそうそう無いと思いますので、そういう意味でも長期投資が良いかと思います。

(みずほフィナンシャルグループはこちら!)

(三菱UFJフィナンシャル・グループはこちら!)

スポンサーリンク


三井住友フィナンシャルグループ 株式銘柄分析まとめ

時価総額も大きい大企業なので個人的には投資対象にしていませんが資産が大きくなったら長期保有で保有するかもしれません。やはり配当利回りが魅力的だからです。長期の月足チャートで見るとかなり割安なので現時点で買いだしても良いのかなって思います。個人的なイメージとしては一年に一度とか半年に一度くらいのペースで100株づつこつこつ買い足すイメージです。大きく下落した時には200株といつもより倍に買い足すとかして上手く平均購入単価を調整しながら長期で持つイメージですね。相当地合いがよくならない限りは銀行系は良くも悪くも今後も揉みあうのではないかなって思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:20%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-