週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【信越化学工業(4063)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、小反落しましたね。日経平均は一時400円以上下落していたので個人的にはここまでよく戻したなっていう印象です。マザーズ・JASDAQに関しても、小反落で終わりましたね。中国経済不安・日米貿易交渉などなど不安材料が多いですがすべてトランプさんの関税が主原因かなって思いますので早く折り合いをつけて欲しいですね。本日の銘柄分析は株式コード4063、信越化学工業という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月19日の今現在の株価は「8,911円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには891,100円必要という事になります。株としてみれば、ちょっと高いかなっていうお値段ですね。こちらの銘柄は、月足で見ると2013年くらいから上昇トレンドに入っていましたが今年になって大きく値を下げていますね。それでは信越化学工業の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

信越化学工業 株式銘柄分析

株価始値:8,868.0円

株価高値:8,932.0円

株価安値:8,794.0円

株価終値:8,911.0円

前日比:-79(-0.88%)

PBR:1.61倍
PER:14.07倍

ROE:11.87%(2018年3月期)
参考:8.46%(2017年3月期)
参考:7.46%(2016年3月期)

ROA:9.57%(2018年3月期)
参考:6.81%(2017年3月期)
参考:6.00%(2016年3月期)

BPS:5,511.98円(2018年3月期)
参考:5,002.16円(2017年3月期)
参考:4,761.48円(2016年3月期)

自己資本率:80.8%(2018年3月期)
参考:80.3%(2017年3月期)
参考:80.8%(2016年3月期)

営業利益:336,822百万円(2018年3月期)
参考:238,617百万円(2017年3月期)
参考:208,525百万円(2016年3月期)

配当利回り:2.02%(会社予想)

信越化学工業は、塩化ビニル樹脂と半導体シリコンが非常に有名な企業ですね。時価総額も約4兆円を超える大手企業です。昔、全然初心者の頃に買ったことがあります。今年に入って3,000円ほど値を下げていますね。PBR・PERを見ると割安ですし、ROE・ROAを見ても特に問題の無い利益を叩きだしていると個人的には思います。業績予想も増収増益で何でここまで下げているのかなぁって思います。米国、欧州でも好調のようで特に売られる理由が見当たらないので日経平均に抑えこまれている感じが非常にします。

スポンサーリンク


信越化学工業 株式銘柄分析まとめ

月足のチャートを見ると8,000円に強めの支持線があるのでそろそろ2月くらいから続いている下降トレンドは一旦底打ちするのではないかなって思います。私は最近は大型株を持たないのですが8,000円前半付近まで落ちてくれば少し買いたいなって思います。4,000円付近で揉みあっていたときと比べると8,000円でも2倍の株価ですがその当時とは状況が違いますので8,000円前半なら少し考えたいです。財務状況も申し分ないのでじっくり構えれば良い銘柄だと思っています。少し下がったからといって慌てる必要はそんなにないのではないかと思いますね。良い銘柄、良い企業だと思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:60%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-