週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【大和ハウス工業(1925)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、昨日のアメリカ市場が上昇したことを受けて小幅ながら続伸しましたね。市場は警戒感が強いのか大幅に続伸とまではいかなかったですね。マザーズ・JASDAQに関しては、マザーズが大きく反発しましたが今までの大幅な下げを考えると自律反発といった感じですね。JASDAQは上げが弱かったと思います。やはり市場は警戒感があり上げづらかったようです。本日は株式コード1925、大和ハウス工業という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、08月17日の今現在の株価は「3,467円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには346,700円必要という事になります。株としてみれば、ごく普通のお値段ですね。こちらの銘柄は、月足で見ると2012年の中頃から緩やかな上昇トレンドに突入して今年の1月には株価が4.5倍ほどまで上昇しました。その後は大きく下落して1月の高値から1,000円以上下げていますね。それでは大和ハウス工業の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

大和ハウス工業 株式銘柄分析

株価始値:3,402.0円

株価高値:3,472.0円

株価安値:3,394.0円

株価終値:3,467.0円

前日比:+54.0(+1.58%)

PBR:1.56倍
PER:9.62倍

ROE:16.99%(2018年3月期)
参考:16.28%(2017年3月期)
参考:9.10%(2016年3月期)

ROA:6.23%(2018年3月期)
参考:5.92%(2017年3月期)
参考:3.30%(2016年3月期)

BPS:2,218.17円(2018年3月期)
参考:1,971.66円(2017年3月期)
参考:1,762.97円(2016年3月期)

自己資本率:36.5%(2018年3月期)
参考:36.8%(2017年3月期)
参考:35.9%(2016年3月期)

営業利益:347,141百万円(2018年3月期)
参考:310,092百万円(2017年3月期)
参考:243,100百万円(2016年3月期)

配当利回り:3.09%(会社予想)

大和ハウス工業は、戸建・賃貸住宅事業を中心に事業・商業施設にも展開していますね。四季報見ると、海外展開もしていてアメリカ・オーストラリアに特に力を入れているのかなって思います。増収増益が続いていてしかも最高益も更新続けている絶好調な企業ですね。ROEも優秀ですね。ROAとROEに乖離がありますが次世代型の物流施設の構築にコストがかかっているのかなって思っていますのでそこまで気にする必要はないのかなって思っています。今後の成長性に期待できます。株価を見ても割安水準だと思いますのでうまく上昇トレンドの波に乗りたいですね。

スポンサーリンク


大和ハウス工業 株式銘柄分析まとめ

月足のチャートで10年ほどのチャートの動きを見ると3,500円がサポートラインでしたがそこを少し割り込んでいるので次のサポートラインの3,000円まで下がるのかその前に反発して2018年の8月の月足チャートの終値としては3,500円台を守りきれるのかそこがポイントかなって思います。個人的には3,000円を割り込んだあたりで仕込みたいと思いますがこれだけ業績が良くて割高でもない銘柄なのでそろそろ反発するのかなって思っています。とりあえず今月の終値をしっかり確認してからどうするか決めるのかなって思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:40%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-