週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【大塚ホールディングス(4578)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

今日の株式市場は、アメリカ市場の安定感から安心感が広まり日経平均も上昇しました。マザーズ市場は午後からずっと下がり続けて非常に弱いままクローズしてしまいました。個人的には日経平均の上昇ほどの力強さは感じず、かなり神経質な相場展開だなっと今日は思いましたので終始相場を眺めているだけで特に取引せずに終わりました。何も取引をしないという事が最も良い選択になる日もあると思いますので焦らず自分の相場観を信じてこれからも取引していきたいと思います。本日は、株式コード4578、大塚ホールディングスという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、02月27日時点の終値は「5,427円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには542,700円必要という事になります。株としてみれば、まぁ普通のお値段ですね。この銘柄は、2016年の下半期ぐらいからずっと4,500円から5,500円のレンジ相場に入っていてなかなか抜け出せずに行ったり来たりしていますね。それでは、大塚ホールディングスの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

大塚ホールディングス 株式銘柄分析

PBR:1.63倍
PER:28.83倍

ROE:6.42%(2017年12月期)
参考:5.50%(2016年12月期)
参考:5.12%(2015年12月期)

ROA:4.54%(2017年12月期)
参考:3.70%(2016年12月期)
参考:3.57%(2015年12月期)

BPS:3,309.55円(2017年12月期)
参考:3,156.83円(2016年12月期)
参考:3,053.82円(2015年12月期)

自己資本率:72.3%(2017年12月期)
参考:69.0%(2016年12月期)
参考:65.4%(2015年12月期)

営業利益:104,181百万円(2017年12月期)
参考:101,145百万円(2016年12月期)
参考:151,837百万円(2015年12月期)

配当利回り:1.84%(会社予想)

大塚ホールディングスといえば、大塚製薬を主とする持ち株会社ですね。大塚製薬は抗精神病薬などの医療関連事業がメイン事業ですが我々一般の消費者にとって大塚製薬といえばやはりポカリエットやサプリメントのネイチャーメイドが有名ではないかなっと思います。時価総額が29906億円と超大型株なので今後の成長性に過度の期待は出来ないですがROE・ROAともにいい意味で安定しており自己資本率も約70%と財務状況も安定しているので長期保有する分には非常に良いと思います。今後、日本では精神疾患系のご病気の方が(悲しいですが)増えていくと思いますのでますますこの企業の存在価値は高まるのではないかと表います。

スポンサーリンク


大塚ホールディングス 株式銘柄分析まとめ

今日現在の株価が5,427円とレンジ相場の上限に来ているのとここ2週間ほど上がり続けているのでそろそろ一旦調整売りが入るような感じがします。個人的には5,000円以下(出来れば4,000円前半)で拾ってじっくり保有したい銘柄の一つですね。さきほども書きましたが今後、日本では精神疾患系のご病気の方が増えていくと思いますのでますます抗精神病薬の需要は増えていくと個人的には思っているので同社の株価(企業価値)は高まっていくと考えます。配当も2%弱出ますので割安の株価になるまで辛抱強く待って買った後は根気強くホールドしたいですね。非常に良い企業だと思いますので頑張ってもらいたいです。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:40%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。ブログ:「単複勝負.com」 予想実況(YouTube):「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。