週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【愛眼(9854)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

ゴールデンウィークも終わり、日本の株式市場も本格的に再開しましたね。本日は先週末のダウが大幅高で終わったので大きく上昇するかなっと思いましたが、小幅な動きで終わりましたね。マザーズ・JASDAQは小幅高って感じですかね。意外にも様子見ムードが強かったなっと個人的には思いました。本日は株式コード9854、愛眼という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、05月07日の今現在の株価は「538円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには53,800円必要という事になります。株としてみれば、お安いお値段で低位株ですね。こちらの銘柄は2017年の8月末ぐらいから上昇を開始して12月に最高値である861円をつけた後はずっと下落を続けていましたが本日ようやく大幅反発、しかもストップ高のおまけつきで反発しましたね。それでは、愛眼の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

愛眼 株式銘柄分析

株価始値:496.0円

株価高値:538.0円

株価安値:491.0円

株価終値:538.0円

前日比:+80(+17.47%)

PBR:0.73倍
PER:107.60倍

ROE:-2.74%(2017年3月期)
参考:0.30%(2016年3月期)
参考:-8.24%(2015年3月期)

ROA:-2.29%(2017年3月期)
参考:0.25%(2016年3月期)
参考:-6.87%(2015年3月期)

BPS:720.88円(2017年3月期)
参考:743.90円(2016年3月期)
参考:743.78円(2015年3月期)

自己資本率:83.4%(2017年3月期)
参考:83.3%(2016年3月期)
参考:82.8%(2015年3月期)

営業利益:-51百万円(2017年3月期)
参考:118百万円(2016年3月期)
参考:-411百万円(2015年3月期)

配当利回り:0.56%(会社予想)

愛眼は、眼鏡の小売事業を行っている会社ですね。格安眼鏡が出てきてからあまり名前を正直、聞かなくなりましたが関西圏を中心に店舗展開していますね。私も眼鏡をかけていますが私はフォーナインズを愛用しています。。。すみませんって感じですね笑 本日は、本業の利益である営業利益を従来予想の0.9億円から2.4億円に上方修正した事と前期、無配だった配当を期末配当に関しては3円にすると発表した事によりストップ高まで跳ね上がっていますね。個人的にはストップ高まで行く内容かなっと思いますが低位株なので動きやすかったのでしょう。営業利益が回復してきた事は良かったと思いますが今後も苦戦すると思いますので現在のPBR・PERを見るとちょっと手を出しづらいのが正直な感想です。去年賑わって、今年になって下がり始めたので監視はずっとしていたのですが思いのほか早い段階で反発してしまったなって思っています。

スポンサーリンク


愛眼 株式銘柄分析まとめ

日足のチャート上は半値あたりで反発したので綺麗な形になっており、しばらくは上昇するかもしれませんが個人的には一時的な感じがしますね。私なら寄り付いて落ち着いたところですべて売り抜けてしまうかなっと思います。明日以降もデイトレーダーで賑わうと思いますが私自身は興味が無いのでまた落ち着いて値を下げ始めたら監視を始めようと思っています。自己資本率が高く財務状況はしっかりしているので300円を割ってきたあたり、つまり200円台になってきたら買いたいかなっと思います。現状は静観が良いのでは?って思っています。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:20%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-