週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】2193 クックパッド 2017/10/30

2017/11/27

本日は、株式コード2193、クックパッドという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月30日時点の終値は「762円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには76,200円必要という事になります。株としてみればかなりお安いお値段ですね。この銘柄は2017年はほんとにホルダーにとっては辛い年になったのではないでしょうか。1,000円付近からずるずる下がりつづけ8月に入ってからはさらに下落し、800円を割り込み今現在、その800円が抵抗線になって上にいけずにもがいていますね。それでは、クックパッドの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:3.65倍
PER:20.65倍

ROE:4.44%(2016年12月期)
参考:21.00%(2015年12月期)
参考:---%(2014年12月期)

ROA:3.59%(2016年12月期)
参考:17.23%(2015年12月期)
参考:---%(2014年12月期)

BPS:195.10円(2016年12月期)
参考:197.17円(2015年12月期)
参考:502.29円(2014年12月期)

自己資本率:85.8%(2016年12月期)
参考:76.7%(2015年12月期)
参考:89.5%(2014年12月期)

営業利益:5,012百万円(2016年12月期)
参考:6,544百万円(2015年12月期)
参考:2,679百万円(2014年12月期)

配当利回り:1.31%(会社予想)

クックパッドといえば、料理をしない人でも一度は聞いた事があるのではないでしょうか?このクックパッドの元社長は、女優の菊川怜さんの旦那さんですね。そちらのほうで知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。最大手の料理レシピ専門サイトを運営していて収益源は会員事業と広告事業ですね。今後の成長性は正直あまり期待できないのではないかなっと思っています。料理サイトだと正直、他の企業、というか個人でもサイト運営できますのでクックパッドだけが収益が増えるといったビジョンが浮かばないですね。実際、8月に発表された第2四半期決算の内容は、4-6月期は前年同期比16%減収、本業の利益を示す営業利益も同16%減益となっていますね。今後、ますます厳しくなるのではないかと思います。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

カカクコム等のサイト運営会社とうまく事業連携するなど今後工夫しないとますます収益は下がっていくと個人的には思います。株価もPBRを見る限りかなり割高でまだまだ買えない株価だと思います。個人的には買う気は現時点では全然ないですがBPSを見る限り、200円台になってきたら少しは考えるかなっといった厳しいレベルです。今の値段でチャートを見てかなり売られているだろうと安易に買うのは控えた方がいいと思います。売られているのにはそれなりの理由がちゃんとありますからね。自己資本率は非常に高く財務の健全性は抜群なのでしっかり株価が適正価格まで落ちてきたところでじっくり長期で構えるのがいいのではないかと思います。今後の事業展開に期待ですね。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:10%

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-