週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】3323 レカム 2017/09/25

2017/11/27

本日は、株式コード3323、レカムという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、09月25日時点の終値は「106円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには10,600円必要という事になります。学生さんでも気軽に買えるお値段ですね。6月末から上昇し始め7月4日には一気に株価が2倍以上にも急上昇していますね。ここ最近は調整売りでもみ合い収束してきている状況ですね。それでは、レカムの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:4.26倍
PER:33.12倍

ROE:4.68%(2016年9月期)
参考:3.21%(2015年9月期)
参考:14.98%(2014年9月期)

ROA:2.30%(2016年9月期)
参考:1.40%(2015年9月期)
参考:4.34%(2014年9月期)

BPS:24.62円(2016年9月期)
参考:17.43円(2015年9月期)
参考:17.02円(2014年9月期)

自己資本率:54.6%(2016年9月期)
参考:42.2%(2015年9月期)
参考:45.5%(2014年9月期)

営業利益:124百万円(2016年9月期)
参考:-64百万円(2015年9月期)
参考:101百万円(2014年9月期)

配当利回り:0.94%(会社予想)

PBRはかなり割高、PERはそこそこ割高ですね。ただし、中国での海外法人事業が絶好調で業績がかなり回復しているので一概に「割高」とは言えないと思います。現時点では「割高」ですが今後を見据えると決して割高ではないような感じがします。2017年9月期第2四半期決算もかなり好調で営業利益は9期ぶりに1億円を突破と業績不振から脱却しているので過信も駄目ですがそこまで過小評価をする必要性がなくなってきたかなっと思います。自己資本率も50%を超えてきており財務の健全性もそこそこ高いのでゆっくりと買い増していく形で当企業を応援するのがいいかと思います。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

こういう安くて買える銘柄はデイトレーダーが狙いやすい銘柄なので中・長期で保有を考えている方はあまり短期の乱降下は気にせず、しっかり決算短信を見て根拠を持ってじっくり保有すればいいと思います。今後、しばらくは7月末ほどではないですが信用買い残がまだまだ多くあるので上値は重いと思います。信用買い残の減り具合とチャートを見ながらじっくり買っていくのがベターかと思います。個人的には100円を割ってきたらその都度、買い増しといった感じでなるべく高値で掴まないように買うと思います。5年ほど前は株価10円台だった銘柄ですから今の株価でも10倍以上になってますからね。安い値段で買えるからと安易に手を出すことの無いようにしたいなって思います、ついつい1万円とかで買える銘柄だと特に買いたい銘柄がないと買ってしまいがちですが手数料等も考えると非常に勿体無いのでそのような安易な取引は控えましょうね笑 これは自分への戒めのためにも書いています。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-