週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】3528 プロスペクト 2017/08/23

2017/11/27

本日は、株式コード3528、プロスペクトという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、08月23日時点の終値は「56円」です。単元株数は1,000株からなので現時点で購入するには56,000円必要という事になります。ここ最近のチャートを見ると8月から株価が一気に急落してここ数ヶ月の最安値の54円をつけていますね。それでは、プロスペクトの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:0.81倍
PER:45.83倍

ROE:4.28%(2017年3月期)
参考:0.07%(2016年3月期)
参考:9.91%(2015年3月期)

ROA:1.88%(2017年3月期)
参考:0.03%(2016年3月期)
参考:4.37%(2015年3月期)

BPS:67.77円(2017年3月期)
参考:65.96円(2016年3月期)
参考:68.70円(2015年3月期)

自己資本率:42.0%(2017年3月期)
参考:46.2%(2016年3月期)
参考:45.6%(2015年3月期)

営業利益:-43百万円(2017年3月期)
参考:386百万円(2016年3月期)
参考:958百万円(2015年3月期)

配当利回り:5.45%(会社予想)

PBRを見るとかなりの割安感・PBRを見ると割高感があってどう判断するかがポイントだと思います。同社の主な事業は首都圏のマンション分譲事業と再生エネルギーの発電事業です。今後、一番のメイン事業である不動産事業からどのような新規事業開発に取り組んでいくのか、シフトしていくのかが重要ポイントだと思います。うまく事業転換できて利益が伸びれば将来的にはPBRも割安になる可能性があります。再生エネルギー事業は個人的に今後、伸びていくとおもっていますので期待は出来ますがライバル会社も多くどう差別化を図っていくのかが注目されます。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

日足のチャート的にはRSI的にかなり売られていますがまだもう少し様子を見たほうがいいかなっと思います。8月からの下落で信用買い残が半分ぐらいまで減りましたがそれでもまだかなりの信用買い残があるので上値は重いと考えます。2017年3月期の決算は再生エネルギーの設備投資等に費用がかかったのもあるのでそこまで気にする必要性はないと個人的には思います。本腰を入れて再生エネルギーに取り組んでいくのであれば、すなわち売上構成の比率的に再生エネルギー関連事業の比率が高まって営業利益も伸びてきたら面白いですね。そういう意味では長い目で同社を応援する目的で投資するのもアリかなっと個人的に思います。何といっても配当利回りが5.45%もありますからね。自己資本率も40%を超えているので財務健全性もそこそこ良いですから長期でじっくり構えてもそこまでの危険性はないかなっと思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-