週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】3667 enish 2017/07/31

2017/11/27

本日は、株式コード3667、enishという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、7月31日時点の終値は「2,202円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには220,200円必要という事になります。それでは、enishの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:10.19倍
PER:-48.79倍

ROE:-20.62%(2016年12月期)
参考:-64.61%(2015年12月期)
参考:0.75%(2014年12月期)

ROA:-15.35%(2016年12月期)
参考:-50.70%(2015年12月期)
参考:0.59%(2014年12月期)

BPS:215.96円(2016年12月期)
参考:224.35円(2015年12月期)
参考:413.05円(2014年12月期)

自己資本率:77.4%(2016年12月期)
参考:71.6%(2015年12月期)
参考:83.0%(2014年12月期)

営業利益:-361百万円(2016年12月期)
参考:-964百万円(2015年12月期)
参考:149百万円(2014年12月期)

配当利回り:---%(会社予想)

PBR的にはかなりの割高感がありますね。営業利益は、ここ2年赤字ですが今秋リリースが決定した「欅のキセキ」という欅坂46初となる公式ゲームアプリへの期待感からなのか6月に一時ストップ高を付けるなど、ここ4ヶ月で株価が7倍近くにまで跳ね上がった銘柄です。デイトレーダーの方は常に監視している銘柄ではないでしょうか?私自身は、600円付近で買って、600円後半で売ったり、1,000円で買って少し上がったところで売ったりと短期売買を繰り返し、今はノーポジションです。ずっと持っていれば良かったなっていうのはありますが過熱しすぎだったのですべて売り抜けました。

チャート的には7/20をピークに下落トレンドに入ってずっと下落を続けています。ゲームセクター全体が今は決算も悪く冷え込んでいるので1,000円ぐらいまで下がってくるまでは無理に手を出さないほうがいいと思います。今、手を出すのは本当に上手いデイトレーダーだけにした方がいいと思います。乱降下が激し過ぎて難しいです。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

個人的には、1,000円を割ってくればまた長期で吹き上がるのを待ちたいなって思っています。ゲーム関連のセクターは一発当てれば大きいのですがヒットしなければ悲惨なのでギャンブル性が高く、相当安くならないと買わないほうがいいと思います。自己資本率が80%近くあり、直近の財務諸表を見ても財務健全性は高いのでもう少し安くなるまで待った方がいいと思います。今期の決算も期待は出来ないので年末もしくは来年の年初に仕込んでみるのがいいかもしれませんね。これ以上は悪くならない可能性のほうが高いように感じますので。とにかく今は吹き上げようが気にしないでじっと監視だけして我慢するのが良いと思います。有名トレーダーが推奨してもご自身の投資判断で割安と判断できるまでは無視してじっと我慢です笑

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-