週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】4528 小野薬品工業 2017/10/19

2017/11/27

本日は、株式コード4528、小野薬品工業という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月19日時点の終値は「2,702.5円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには270,250円必要という事になります。株としてみればややお安いお値段ですね。この銘柄は2017年度は、ずっと2,500円を挟んで行ったり来たりしています。私も所有していたことがあるのですが痺れを切らして微益で撤退しました。撤退した途端、9月から急に上昇を開始し本日、年初来高値の2708.0円をつけました笑 それでは、小野薬品工業の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:2.75倍
PER:41.64倍

ROE:11.27%(2017年3月期)
参考:5.30%(2016年3月期)
参考:2.83%(2015年3月期)

ROA:9.64%(2017年3月期)
参考:4.69%(2016年3月期)
参考:2.57%(2015年3月期)

BPS:979.42円(2017年3月期)
参考:889.38円(2016年3月期)
参考:4,439.07円(2015年3月期)

自己資本率:84.1%(2017年3月期)
参考:87.2%(2016年3月期)
参考:89.7%(2015年3月期)

営業利益:72,284百万円(2017年3月期)
参考:30,507百万円(2016年3月期)
参考:14,794百万円(2015年3月期)

配当利回り:1.67%(会社予想)

小野薬品工業といえば、その名の通り、医薬品事業を100%とする会社ですね。2017年3月期で営業利益が前期比136.9%アップと好調でしたがその後、ダラダラと下がりつづけ、日足で見ると2,200円~2,500円のレンジ相場を抜け出さないので私はそのレンジの上の方で痺れを切らして売却した感じです。それが9月の上旬にオプジーボの期待値の高まりによって同社の株が買われ始め、ついに本日、年初来高値を付けた感じですね。ただし、期待感で買われているだけなのであまり強い材料が出たわけではないので再び、2,200円~2,500円のレンジ相場に戻る可能性も大いにあると個人的には思います。PBR・PERを見ても割高なのでちょっと手を出しづらい感はあります。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

ただ、2017年3月期のROAが9.64%とかなり優秀な数字なので週足で見たときにある3,000円と3,500円の間の窓埋めに期待したい感じもありますね。株価25日移動平均からの乖離率が7.16%とちょっと乖離しているかなっと思いますので一旦、下落してきたところでつまり、2,500円を割ってきたところで監視を始め、2,000円前半になったら再び買おうかなって感じですね。財務の健全性は言うまでもなく非常に高く、中長期で保有する分には問題ない銘柄だと私は思います。いつも言ってますが日経平均がかなり過熱しているのでどこかで調整が必ず入ると思っているので今は買うのを我慢して落ちてきたところを狙いたいです。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:30%

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-