週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】4921 ファンケル 2017/10/17

2017/11/27

本日は、株式コード4921、ファンケルという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月17日時点の終値は「2,629円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには262,900円必要という事になります。株としてみれば普通よりややお安いお値段ですかね。この銘柄は2017年度3月頃までは揉み合っていましたが4月ごろから上昇トレンドが始まり本日、年初来高値である2,649円を付けました。それでは、ファンケルの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:2.31倍
PER:42.81倍

ROE:7.32%(2017年3月期)
参考:0.74%(2016年3月期)
参考:3.19%(2015年3月期)

ROA:6.07%(2017年3月期)
参考:0.62%(2016年3月期)
参考:2.69%(2015年3月期)

BPS:1,137.14円(2017年3月期)
参考:1,100.39円(2016年3月期)
参考:1,134.49円(2015年3月期)

自己資本率:83.6%(2017年3月期)
参考:82.3%(2016年3月期)
参考:85.1%(2015年3月期)

営業利益:2,244百万円(2017年3月期)
参考:1,204百万円(2016年3月期)
参考:4,001百万円(2015年3月期)

配当利回り:2.21%(会社予想)

ファンケルといえば、男性であればサプリメント、女性であればサプリメントと化粧品を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?本企業のメイン事業は化粧品関連事業とサプリメント等の栄養補助食品関連事業です。2017年3月期の営業利益、つまり本業の利益が86.3%増と驚異的な数字をたたき出した事から4月以降ほとんど下がることなく今日現在まで上がり続けています。PBR・PERを見るとかなりの割高感がありますが今後、ますます日本人の健康志向、否、世界中で健康志向は高まっていきますので栄養補助食品関連事業を強化していけばまだまだ成長が見込めると個人的には思っています。2016年度からアジア事業にも力を入れており今後、目が話せない企業となるのではないでしょうか?

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

時価総額が1,000億円を超えていて大型株までいかないまでも中型株であることは間違いありません。なので日経平均の影響も受けやすいので上がり続ける日経平均の調整につられて調整売りが入る可能性がありますがもし調整売りが入ったらまさに買い時ではないかなっと思います。年初来高値をつけていますが株価25日移動平均からの乖離率は6.81%とそこまで乖離しているわけではなく、自己資本率も80%超えという潤沢な資金がありますので押し目では是非とも買いたいなって思いますね。まぁ、なかなか無いと思いますが2,000円ぐらいまで落ちてきたら個人的には躊躇わず買いたいですね。配当利回りも2.21%と全然悪くないですしね。長期で当企業の成長を応援したいと言う方であれば一旦、押し目が入ったタイミングで買ってしまうのもいいかもしれませんね。そもそも押し目が入るのか分かりませんが、今日時点での日経平均の騰落レシオが138.13%とかなり異常な高値の数値になっているのでどっかで押し目は入ると思いますけどね。とても魅力的な企業だと思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:40%

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-