週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】5406 神戸製鋼所 2017/10/09

2017/11/27

本日は、株式コード5406、神戸製鋼所という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月09日時点の終値は「1,368円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには136,800円必要という事になります。株としてみればお安いお値段ですね。この銘柄は2017年の上半期は1,000円から1,200円のボックス相場でずっとこの価格帯で揉み合っていましたが7月に入ってようやく上抜けして次は1,200円から1,400円の価格帯でもみ合っていますね。それでは、神戸製鋼所の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:0.73倍
PER:14.23倍

ROE:-3.37%(2017年3月期)
参考:-2.94%(2016年3月期)
参考:11.98%(2015年3月期)

ROA:-1.01%(2017年3月期)
参考:-0.95%(2016年3月期)
参考:3.77%(2015年3月期)

BPS:1,860.36円(2017年3月期)
参考:190.38円(2016年3月期)
参考:213.70円(2015年3月期)

自己資本率:29.2%(2017年3月期)
参考:30.6%(2016年3月期)
参考:33.8%(2015年3月期)

営業利益:9,749百万円(2017年3月期)
参考:68,445百万円(2016年3月期)
参考:119,460百万円(2015年3月期)

配当利回り:1.46%(会社予想)

神戸製鋼所といえば大手鉄鋼会社で鉄鋼のほかにも建設機械などが主力事業ですね。PBR・PERともに割安ですね。配当も1.46%と悪くない数字ですね。ここまで見ると非常に買いたいという気持ちが湧いてきますが本業の収益である営業利益がここ3年見てみるとずっと下降していますしROA・ROEもここ3年ずっと下がり続けています。当然、その業績と比例して2015年から2016年の後半までずっと下落を続けていました。2015年の2月の株価が2,400円だったことを考えると株価は約半分になっていることになります。しっかり業績を見て株を買わないと安易に下がり過ぎだからとかそろそろ安いだろうと2015年ごろに同社の株に手を出していると痛い目に合っているでしょう。実際、2015年に2,000円を割ったタイミングもしくは1,500円を割ったタイミングで買ってずっと塩漬けで持っている方もいらっしゃると思います。非常に危険ですね。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

通期業績予想の上方修正などが好感され7月から上昇を開始しましたが私は安易にこの上方修正だけを好感して買うのは控えたいなって思います。もう少し長いスパンで業績の回復を決算短信でしっかり見て買いたいなって思います。今期の通期の連結業績予想ですが当期利益が35,000百万円と赤字から回復する予定ですね。ただ、あくまで予想なので来年の2018年の4月末の発表を待たないとはっきりとは分かりませんからね。実際に業績の回復に伴って株価も2016年の底から見ると既に1.5倍ほどになっているので大分、株価におり込んでいるのでここから上昇しても1,500円付近までではないかと推測します。つまりここから買ってもそこまで妙味はないように感じます。ここからさらなる上方修正があれば話は別ですが昨今の情勢を見ているとあまり楽観視するのは危険だと感じます。自己資本率が低く財務の健全性があまり宜しくないので慎重に見極める必要性があると考えます。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-