週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】6301 小松製作所(KOMATSU) 2017/10/13

2017/11/27

本日は、株式コード6301、小松製作所(KOMATSU)という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月13日時点の終値は「3,472円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには347,200円必要という事になります。株としてみれば普通のお値段ですね。この銘柄は2016年の夏ぐらいから多少の上下はあるものの安定してずっと緩やかに上昇トレンドに入っていますね。本日、年初来高値の3,504円をつけて絶好調ですね。それでは、小松製作所(KOMATSU)の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:2.07倍
PER:33.74倍

ROE:7.33%(2017年3月期)
参考:9.02%(2016年3月期)
参考:10.60%(2015年3月期)

ROA:4.30%(2017年3月期)
参考:5.08%(2016年3月期)
参考:5.65%(2015年3月期)

BPS:1,672.01円(2017年3月期)
参考:1,609.69円(2016年3月期)
参考:1,622.48円(2015年3月期)

自己資本率:59.4%(2017年3月期)
参考:58.0%(2016年3月期)
参考:54.6%(2015年3月期)

営業利益:174,097百万円(2017年3月期)
参考:208,577百万円(2016年3月期)
参考:242,062百万円(2015年3月期)

配当利回り:1.67%(会社予想)

小松製作所(KOMATSU)といえば元メジャーリーガーの松井秀樹氏を思い浮かべる人がきっと多いでしょうね。建設機械・車両事業がメイン事業で世界第2位?(間違っていたらすみません)の大手の建設機械メーカーです。大手にしては配当利回りも1.67%と悪くない数字ですし自己資本率も50%超えと財務の健全性も文句なしですね。年初来高値をつけていますのでPBR・PER的には割高ですが、中・長期で持つ分にはそこまでの割高感は感じないです。ただし、やはり高値圏内であることは否定できないですね。買い時が非常に難しいですね。株価25日移動平均からの乖離率が7.83%なのでそこまで乖離しているわけではありませんが日経平均の騰落レシオが137.90%とかなりの過熱感がありますのでこのタイミングで買うのは非常に個人的には怖いです笑

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

小松製作所(KOMATSU)の株価が1,000円を割っていた頃が非常に懐かしいです。その頃は1,000円越えたらすぐに売ろうと思って実際、1,000円超えたらすぐに利確していました笑 こういう大型株は本当に中・長期で持ってこそだなって今は思いますね。チャート的には2007年の10月に付けた最高値の4,090円を超えることが出来るか出来ないかと言ったところですが、個人的にはそこまで行く前に下落していくのではないかなっと思っています。良くも悪くも大手企業なので成長性はあまり無いので調整売りが入ると考えるのがベターだと思います。私ならBPSの数値を見た感じ、2,000円前半ぐらいまで下がってきたら監視をはじめるかなっと思います。ただ、すごい良い会社だと思いますので応援する意味で長期で持つ分には良い銘柄だと思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:20%(今回の記事から書く事にしました)

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-