週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】8001 伊藤忠商事 2017/10/24

2017/11/27

本日は、株式コード8001、伊藤忠商事という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、10月24日時点の終値は「1,951.5円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには195,150円必要という事になります。株としてみればややお安いお値段ですね。この銘柄は2017年の6月末ぐらいまでは1,500円台から1,700円台のレンジ相場でもみ合っていましたが7月に入ってからそのレンジを上に突破して上昇トレンドが開始し本日、最高値をつけたままクローズしました。それでは、伊藤忠商事の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:1.27倍
PER:7.81倍

ROE:15.33%(2017年3月期)
参考:10.39%(2016年3月期)
参考:13.42%(2015年3月期)

ROA:4.36%(2017年3月期)
参考:2.90%(2016年3月期)
参考:3.68%(2015年3月期)

BPS:1,532.56円(2017年3月期)
参考:1,388.66円(2016年3月期)
参考:1,539.55円(2015年3月期)

自己資本率:29.6%(2017年3月期)
参考:27.3%(2016年3月期)
参考:28.4%(2015年3月期)

営業利益:298,422百万円(2017年3月期)
参考:137,948百万円(2016年3月期)
参考:384,960百万円(2015年3月期)

配当利回り:3.28%(会社予想)

伊藤忠商事といえば、総合商社大手ですね。皆さんもご存知だと思います。身近なところですとファミリーマートを傘下に持っていますね。本日、最高値をつけましたがPBR・PER的にはそこまで割高感は無く、むしろまだまだ割安かなっと思うほどですね。日経がずっと上げ続けているのでその反動が非常に怖いですが、伊藤忠商事だけでなく総合商社全般、まだまだ割安だと感じています。ただ、割安ですが日経平均につられやすいので買うのはちょっと怖いというのが正直な感想です。株価25日移動平均からの乖離率も5%ちょっととそこまで乖離していませんので過熱感も無いですね。今、買うべきか一度調整が入ってから買うべきか非常に難しいところですね。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

自己資本利率が低いですが商社なのでそこまで気にする必要はないかと思います。利益も順調に出ていますし配当利回りも良いので基本的には株安の時にしっかり買い込んで利回りで運用するって言うのがこういう銘柄に関してはいいんだと思います。なのでPBR・PER的には割安でも今はあまり買うべきではないと個人的には思います。日経平均の上げ方が何とも異様な感じだからです。個人的には1,000円以下で仕込みたい銘柄なので今現在は見向きもしていません。チャート的には上昇トレンドでイケイケですが私はまったく買う気にはなれません。伊藤忠商事のようなしっかりした企業は良くも悪くも安定しているので安い時に仕込まないとあまり意味がないと思っているからです。1,000円以下で購入してずっとホールドしている人はさすがだと思います。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:20%

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-