週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【株式銘柄分析】8233 高島屋 2017/11/19

2017/11/27

本日は、株式コード8233、高島屋という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、11月19日時点の終値は「1,041円」です。単元株数は1,000株からなので現時点で購入するには1,041,000円必要という事になります。株としてみればちょっとお高いですね。買うしても慎重になってしまいますね。この銘柄は2017年は、年初から今までずっと基本的には1,000円~1,100円のレンジ相場かなっと思います。6月に一度1,100円を突破して年初来高値の1,167円をつけていますがその後、一気に下落し1,000円台に戻ってきています。それでは、高島屋の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

株式銘柄分析

PBR:0.86倍
PER:16.08倍

ROE:5.15%(2017年2月期)
参考:5.96%(2016年2月期)
参考:5.95%(2015年2月期)

ROA:2.13%(2017年2月期)
参考:2.44%(2016年2月期)
参考:2.40%(2015年2月期)

BPS:1,179.52円(2017年2月期)
参考:1,141.45円(2016年2月期)
参考:1,131.28円(2015年2月期)

自己資本率:41.8%(2017年2月期)
参考:40.9%(2016年2月期)
参考:40.9%(2015年2月期)

営業利益:34,000百万円(2017年2月期)
参考:32,972百万円(2016年2月期)
参考:32,022百万円(2015年2月期)

配当利回り:1.15%(会社予想)

高島屋といえば、全国に展開する老舗百貨店です。みなさんも一度は行った事があるのではないでしょうか?東京と大阪がメインなので地方の方はあまりなじみがないかもしれませんが。成長性はあまり見込めませんし市場のトレンドに乗っている訳でも無いですがPBR・PERを見ると割安ですし自己資本率も40%を超えていますのでそこまで財務状況が悪いわけでもないので長期で配当目的で持つ分にはいいかなっと思います。こちらの銘柄は株主優待として「株主様ご優待カード」という高島屋全店で利用できる10%割引券がもらえますので高島屋を頻繁に利用する方は配当と株主優待で結構、得するのではないかなっと思います。

スポンサーリンク


株式銘柄分析まとめ

売買差益で儲けたい方にはあまりお薦め出来ないですが高島屋を頻繁に利用する方で長期運用が主の方にはいいのではないかなっと思います。良くも悪くも大きく株価が動く事が無いので資産価値が安定していて、そういう意味でも長期運用目的の方に良いと思います。ただ、単元株数が1,000株なので最低でも100万円必要なのでデイトレーダーはもちろんスイングトレーダーにもちょっと手を出しづらい銘柄かなっと思います。私も基本はスイングトレードなのでちょっと現時点では買いたくないなって思っています。資金が潤沢になり、資金の一部を長期保有目的で持ちたいなって思ったら買うかもしれませんが。(ただ、それなら配当利回りの良い商社関連株や金融株を買うかな笑)

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:20%

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の収支情報は⇒こちら
2017年度 株取引の収支情報は⇒こちら

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「単複勝負.com

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-