週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/12/11~2017/12/15 今週後半の見通し

今週、2017/12/11~2017/12/15の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想に入りたいと思います。今週の前半は、クロス円はやや円安傾向だったと思います。ただ、ユーロが若干弱くその関係もあってユーロドルは下落しました。前回も言いましたが年末に向けて取引量が一段と減ってきますので変動幅が大きくなるので気をつけて下さい。中東情勢・北朝鮮問題などの地政学リスクが全然解決していないので急なリスクオフの流れに非常に気をつけて下さい。つまりクロス円に関してはロングポジション(買いポジション)は慎重に行ってください。それでは、2017/12/11~2017/12/15の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2017/12/11~2017/12/15の後半の為替予想です!

スポンサーリンク

為替予想 ドル円の今後の見通し

(日足)

ドル円始値:113.488円

ドル円高値:113.574円(投稿時点)

ドル円安値:113.480円(投稿時点)

ドル円終値:113.566円(投稿時点)

トレンド:上昇トレンド

レート:113.566~113.569

RSI:75.78

今週後半の為替予想:今現在の日足を見ると上昇トレンドですね。RSIは75.78と日足レベルでは買いがかなり強い状況ですね。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/12/11~2017/12/15で「ロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、直近の安値付近の113.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切り。」と書きましたので、こちらはほぼ動かずと言った感じですね。若干円安に底固く動きましたけどね。今後のドル円ですが、引き続き、移動平均線と上向きのトレンドラインにしっかり支えられているのでロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、直近の安値付近の113.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。冒頭でも書きましたがロングポジション(買いポジション)の損切りラインは浅めの設定が良いと思います。

為替予想 ユーロドルの今後の見通し

(日足)

ユーロドル始値:1.17376ドル

ユーロドル高値:1.17417ドル(投稿時点)

ユーロドル安値:1.17351ドル(投稿時点)

ユーロドル終値:1.17413ドル(投稿時点)

トレンド:レンジ相場

レート:1.17413~1.17417

RSI:36.80

今週後半の為替予想:今現在の日足はレンジ相場でいいかなっと思います。1.16000ドルを下抜けするまではレンジ相場という見方でいこうと思っています。RSIは36.80と売りが強まっていますね。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/12/11~2017/12/15で「ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、1.18500ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。」と書きましたので、こちらはやや成功といったところでしょうかね。今後のユーロドルは、引き続き上向きのトレンドラインを下抜けしていますのでショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、直近の高値付近の1.18000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。

スポンサーリンク


為替予想 豪ドル円の今後の見通し

(日足)

豪ドル円始値:85.824円

豪ドル円高値:85.855円(投稿時点)

豪ドル円安値:85.755円(投稿時点)

豪ドル円終値:85.810円(投稿時点)

トレンド:下降トレンド

レート:85.810~85.822

RSI:64.91

今週後半の為替予想:今現在の日足は、下降トレンドだと思います。RSIは64.91と日足レベルでは買いの勢いが強まってきましたね。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/12/11~2017/12/15で「ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、86.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。」と書きましたので、失敗といった感じですね。ただ、86.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてくるまでは焦らずショートポジション(売りポジション)を持っていればいいかなっと思います。今後の豪ドル円は、引き続きショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、直近の高値付近の86.200円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。前にも言いましたが豪ドル円は長い目で見れば「買い」だと思っていますが直近はショートポジション(売りポジション)で細かく叩いていくのが良いと思います。

今週後半の為替予想のまとめ

ドル円に関しては、ロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、直近の安値付近の113.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切り。

ユーロドルに関しては、ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、直近の高値付近の1.18000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

豪ドル円に関しては、ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、直近の高値付近の86.200円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

あくまで今週後半の為替予想ですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の為替予想でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-週間為替展望