週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2018/05/07~2018/05/11

今週後半は、クロス円に関しては円高でしたね。そんな中、ドル円だけは円安に振れるだろうと予想していたのですが調整売りなのかかなり売り込まれましたね。これは正直、個人的にはちょっとだけ痛かったです。ここ最近、ずっと弱い資源国通貨も依然として弱くなかなか円安に振れないですね。まぁ、円安に振れようが円高に振れようが個人的には(全体としては)まったく影響は無くゆっくりとではありますがしっかり利益を確保できているのでスタイルを崩さず、頑張っていきたいと思います。来週は大型連休も終わり市場も本格的に動き出しますね。それでは、来週、2018/05/07~2018/05/11のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく来週、2018/05/07~2018/05/11の為替予想です!

スポンサーリンク

為替予想 ドル円の今後の見通し

(日足)

トレンド:上昇トレンド
レート:109.062~109.065
RSI:72.05

来週の為替予想:今現在の日足を見ると、上昇トレンドですね。RSIは72.05と日足レベルでは依然として買いがかなり強い状況ですね。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2018/04/30~2018/05/04 今週後半の見通しでドル円に関しては、「ドル高がしばらく続くと予想しているので引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、直近安値の109.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。」と書きましたので、ドル円に関しては失敗でしたね。日のクローズ単位では、109.000円を割る事は無かったのですがこれは完全に失敗ですね。今後のドル円ですが、調整売りはこの辺で終わると個人的には思いますし結果的に109.000円は割らなかったので引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、直近安値付近の108.500円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。前にも言いましたが108.000円を割るまではトレンド転換しているのでずっとロングポジション(買いポジション)でいきたいと考えています。

為替予想 ユーロドルの今後の見通し

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:1.19632~1.19636
RSI:15.61

来週の為替予想:今現在の日足は、下降トレンドですね。RSIは15.61と日足的には売りが非常に強くなってきましたね。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2018/04/30~2018/05/04 今週後半の見通しで、ユーロドルに関しては、「ちょっと日足的に売られすぎているので一時的な反発も想定されますが引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、直近高値の1.21000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。損切りラインを深めでポジション少なめが良いのではないかと思います。」と書きましたのでこちらは、やや成功と言った感じですね。今後のユーロドルは、RSI的にかなり売りこまれている事と長めの下ひげをつけたので、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、支持線になった直近安値付近の1.19000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。しばらくは下降トレンドが続くと思いますが来週に限っては一時的な反発があるのでは?っと思っています。

スポンサーリンク


為替予想 豪ドル円の今後の見通し

(日足)

トレンド:下降トレンド
レート:82.190~82.202
RSI:26.41

来週の為替予想:今現在の日足は下降トレンドですね。RSIは26.41と日足レベルではかなり売りが強い状況が続いていますね。豪ドルに関しては、【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2018/04/30~2018/05/04 今週後半の見通しで、「資源国通貨が弱いので見送りが良いかもしれませんが82.000円の支持線が意外と固そうなので引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、82.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら潔く損切りでいきたいと思います。」と書きましたので、こちらは、ほぼ動きなしといった感じですね。今後の豪ドル円ですが、長い下ひげを二日連続でつけて82.000円を守ったのでロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、82.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。そろそろ反発してもおかしくないと個人的には思っています。

為替予想まとめ

ドル円に関しては、調整売りはこの辺で終わると個人的には思いますし結果的に109.000円は割らなかったので引き続きロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、直近安値付近の108.500円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切り。

ユーロドルに関しては、RSI的にかなり売りこまれている事と長めの下ひげをつけたので、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、支持線になった直近安値付近の1.19000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切り。

豪ドル円に関しては、長い下ひげを二日連続でつけて82.000円を守ったのでロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、82.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切り。

あくまで為替予想ですので来週、急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、来週の為替予想でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキング(現在7位)
FC2 ブログランキング(現在33位)
にほんブログ村 為替日記(現在18位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。ブログ:「単複勝負.com」 予想実況(YouTube):「単複勝負.com

スポンサーリンク

-週間為替展望

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。