週間為替展望.com

為替と株式銘柄の今後の見通しを書いています

【王子ホールディングス(3861)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、中国市場が堅調だった事や円安に振れた事、あとはアメリカの先物も安定していたのである程度力強く上昇しましたね。日経平均は200円近い上昇、TOPIXもそれなりに上昇して堅調だったと思います。マザーズ・JASDAQに関しては、マザーズが900ポイントにようやく回復、JASDAQは小幅高ですがしっかりといった感じでした。だいぶ楽観ムードが漂っていますが、まだまだ不安定な相場だと思います。長期保有でない銘柄は早め早めの利確が良いのではないかと個人的には思います。(私はビビリなので笑) 本日の銘柄分析は株式コード3861、王子ホールディングスという会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、01月15日の今現在の株価は「601円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには60,100円必要という事になります。株としてみれば、かなりお安いお値段ですね。こちらの銘柄は、月足で見ると、ここ数年、ゆるやかな上昇トレンドを形成していましたが去年の後半から上向きのトレンドラインを割り込んで下落し始めていますね。それでは、王子ホールディングスの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

王子ホールディングス 株式銘柄分析

株価始値:594円

株価高値:602円

株価安値:591円

株価終値:601円

前日比:-1(-0.17%)

PBR:0.88倍
PER:11.66倍

ROE:5.56%(2018年3月期)
参考:6.66%(2017年3月期)
参考:2.07%(2016年3月期)

ROA:1.87%(2018年3月期)
参考:2.11%(2017年3月期)
参考:0.63%(2016年3月期)

BPS:681.52円(2018年3月期)
参考:635.95円(2017年3月期)
参考:587.62円(2016年3月期)

自己資本率:34.2%(2018年3月期)
参考:33.1%(2017年3月期)
参考:30.4%(2016年3月期)

営業利益:70,781百万円(2018年3月期)
参考:70,243百万円(2017年3月期)
参考:71,987百万円(2016年3月期)

配当利回り:2.00%(会社予想)

王子ホールディングスは、「紙」を取り扱う会社ですね。生活産業資材であるダンボールや包装用紙、あとは紙おむつなどですね。他にもフィルム事業なども展開していますがやはり生活産業資材がメインですね。そういう意味では我々にとって身近で且つ、非常にこれからも必要な「物」を作っている会社だと個人的には思います。四季報を見ると今後の業績予想は増収増益ですね。パルプ販売と海外でのダンボール・感熱紙の売上が好調のようですね。ペーパーレス化が進んでいるので今後も苦戦が続くと思いますが、2019年は上昇していくのではないかなって個人的には思います。

スポンサーリンク


王子ホールディングス 株式銘柄分析まとめ

PBR・PERを見ると割安、業績も好調な見通し。600円台をしっかり維持できれば反発を開始するのではないかなって思っています。なのでこの1月が非常に重要ではないかなって個人的には思います。当然、相場全体が冷え込んでしまうと連動して多少は売られていくと思いますが、業績予想通りに順調に増収増益すれば直近高値を超えていっても不思議ではないですね。ここ20年近く、500円~600円を付近を行ったり来たりしているので短期トレードの方にはあまり向かないかもしれませんが中長期の方には結構良い銘柄ではないかなって思います。あくまでも私見ですが。私自身は1月の月足の終わり方を見てから考えたいと思っています。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:60%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-