週間為替展望.com

週間為替展望と不定期な株式銘柄分析

【石垣食品(2901)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

本日の日経平均・TOPIXは、円高を嫌気して輸出関連株を中心に売られましたね。日経225を中心に売られていたので大型株をあまり持っていない私自身はそれほど影響を受けませんでした。マザーズ・JASDAQに関しても、弱含みで相場全体が本日は弱かったですね。そんな中、銀行株だけは堅調でしたね。金利上昇で収益が改善するという思惑からでしょうか。。。本日は株式コード2901、石垣食品という会社の株式銘柄分析を行っていきたいと思います。本日、07月23日の今現在の株価は「217円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには21,700円必要という事になります。株としてみれば、かなり安い低位株ですね。こちらの銘柄は、月足で見ると基本的には150円から200円のレンジ相場で動いており時々、そのレンジを上に抜けてまた戻ってくるといった感じですね。それでは、石垣食品の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

石垣食品 株式銘柄分析

株価始値:202.0円

株価高値:235.0円

株価安値:195.0円

株価終値:217.0円

前日比:+22(+11.28%)

PBR:4.54倍
PER:19.20倍

ROE:-66.67%(2018年3月期)
参考:-81.20%(2017年3月期)
参考:-94.97%(2016年3月期)

ROA:-11.20%(2018年3月期)
参考:-25.12%(2017年3月期)
参考:-55.46%(2016年3月期)

BPS:47.77円(2018年3月期)
参考:11.82円(2017年3月期)
参考:27.45円(2016年3月期)

自己資本率:16.3%(2018年3月期)
参考:20.9%(2017年3月期)
参考:38.9%(2016年3月期)

営業利益:16百万円(2018年3月期)
参考:-51百万円(2017年3月期)
参考:-83百万円(2016年3月期)

配当利回り:0.00%(会社予想)

石垣食品は、麦茶や杜仲茶などの健康茶等の製造販売とやはりビーフジャーキーが有名ですね。なので大きくお茶とビーフジャーキーの製造販売をしている会社と覚えておけば良いと思います。ここ数日は大幅に株価が上昇していますがこれは連日続いている猛暑で麦茶の需要が高まると予想されて買われていると思われます。みなさん、いろいろ良く連想しますね。ただ、PBR・PERを見ると割高で本業の利益も回復傾向にありますがあまりよろしくなく財務基盤もあまりしっかりとしていないので個人的にはデイトレーダー以外はあまり飛びつかないほうが良いのではないかなっと思います。

スポンサーリンク


石垣食品 株式銘柄分析まとめ

時価総額が10億円ちょっとなので成長性は期待できるかもしれませんが個人的には扱っている商品から将来性は全く感じる事が出来ません。何か新たな事業展開が必要ではないかなっと思います。経営者の手腕が非常に問われると思います。多種多様な飲み物があるなかで麦茶や健康茶だけで他の企業と差別化を図るのは非常に難しいかと思います。ビーフジャーキーはたしかに美味しいですがそんなにしょっちゅう食べますか?生活の中にお宝銘柄のヒントが隠されていると私はいつも思っています。たしかに連日の猛暑で喉が渇く→ビールが飲みたくなる→おつまみとしてビーフジャーキーって連想できますよ。熱いのでお子さんのために麦茶をしっかり持たせるご両親も多くなるでしょう。なので同社の商品の需要が高まると思いますがこれは一時的なものであって同社の長期的な成長に繋がるとは個人的には思えないのです。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:10%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況
2018年度 為替取引の状況
2018年度 株取引の状況

【お知らせ】
プロフィールにも書いていますが競馬予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-