週間為替展望.com

為替と株式銘柄の今後の見通しを書いています

【飛島建設(1805)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

本日の日経平均・TOPIXは、堅調なアメリカの雇用統計の結果や先週末のダウの反発を受けて大幅に反発して20,000円台を何とか回復しました。ただし、今までかなり下げていたのでここから本格的な反発が始まるかと言われるとまだまだ非常に怪しいと思います。個人的には一時的な回復だと思っています。マザーズ・JASDAQに関しても、本日はかなり強かったですね。引き続き、バイオ関連株が強かったみたいですね。今後もこの調子で上がってくれたら嬉しいですがそんなに簡単じゃないですからね。。。本日の銘柄分析は株式コード1805、飛島建設という会社の株式銘柄分析(今後の株価の分析)を行っていきたいと思います。本日、01月07日の今現在の株価は「1,436円」です。単元株数は100株からなので現時点で購入するには143,600円必要という事になります。株としてみれば、ごくごく普通のお値段ですかね。こちらの銘柄は、月足で見ると、2014年の10月をピークに緩やかに下落していますね。一番嫌な形ですね。それでは飛島建設の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。もし宜しければご参考になさってください。(一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。ご理解のほどよろしくお願いします)

スポンサーリンク

飛島建設 株式銘柄分析

株価始値:1,466円

株価高値:1,479円

株価安値:1,430円

株価終値:1,436円

前日比:+21(+1.48%)

PBR:0.83倍
PER:4.98倍

ROE:20.90%(2018年3月期)
参考:18.32%(2017年3月期)
参考:31.80%(2016年3月期)

ROA:6.02%(2018年3月期)
参考:4.62%(2017年3月期)
参考:6.68%(2016年3月期)

BPS:164.98円(2018年3月期)
参考:134.48円(2017年3月期)
参考:114.04円(2016年3月期)

自己資本率:31.1%(2018年3月期)
参考:26.4%(2017年3月期)
参考:24.0%(2016年3月期)

営業利益:8,252百万円(2018年3月期)
参考:5,477百万円(2017年3月期)
参考:6,662百万円(2016年3月期)

配当利回り:2.79%(会社予想)

飛島建設は、土木事業を主体とした建設会社ですね。土木なんで、水道・道路・河川などですかね。四季報を見ると防災関連に強いみたいですね。地震が多い日本なので防災関連グッズは非常に関心が高まっていますよね。今後の業績予想を見るとほぼほぼ横ばいですね。横ばいでこのPBR・PERであれば割安かなって思いますが、月足のチャートを見ると1,500円の支持線を割り込んでいるのでテクニカル的にはもうしばらくダラダラと下げ続けるのかなって思います。地合いが良ければ1,500円台に回復するかもしれませんが、地合いが良ければもっと優良な銘柄にみなさん投資されると思いますのでそんなに買われないのではないかなって個人的には思います。

スポンサーリンク


飛島建設 株式銘柄分析まとめ

時価総額が300億円弱とそこまで大きな企業ではないので、そこそこ成長性に期待できますが直近は少し買いづらいかなって思います。長期的な視点からは1,000円を割り込んできたら買いだと私は思いますが、今現在は買うか非常に悩む状況だと思います。1,000円前半での反発をしっかり確認してから買えば良いのではないかなって思います。良くも悪くも業績は安定していますし、配当利回りも悪くないので反転をしっかり確認してから買い始めれば良いと個人的には思います。地合いが不安定なのでまだ焦る必要はないかなって思いますね。焦りは禁物です。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

現時点での私の買いたい度:30%

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

スポンサーリンク

-株式銘柄分析
-

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!