週間為替展望.com

ドル円・ユーロドルなどの今後の見通しです。

【2017/09/18~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【今週後半の見通し】

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

今週、2017/09/18~2017/09/22の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想(今後の見通し)に入りたいと思います。今週の前半は、引き続きリスクオンの流れになり円安方向に振れました。ただし、この前も言いましたがこれは一時的なものとして捉えた方がよく、しばらくは不安定な為替相場になるのでポジションには非常に気をつけた方がいいと思います。個人的に初心者はレバレッジはかけないほうがいいです。まずは負けない事が一番大事だからです。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2017/09/18~2017/09/22の後半の為替予想(今後の見通し)です!

スポンサーリンク

ドル円の今後の見通し

(日足)

ドル円始値:111.550円

ドル円高値:111.615円(投稿時点)

ドル円安値:111.496円(投稿時点)

ドル円終値:111.556円(投稿時点)

トレンド:上昇トレンド

レート:111.556~111.559

RSI:60.41

今後の為替見通し:今現在の日足を見ると上昇トレンドだと思います。RSIは60.41と日足レベルではやや買いが強くなってきたかなって感じですがそこまで神経質になる必要もないかなっと思います。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/09/18~2017/09/22で「様子見。ただし、110.5000円を明確に下抜けしたらショートポジション(売りポジション)、111.000円を明確に上抜けしたらロングポジション(買いポジション)。」と書きましたので、様子を見てよかったと思います。しっかり111.000円を上抜けしたタイミングでロングポジション(買いポジション)を持たれた方はトレード成功したと思います。今後のドル円は、112.000円のターゲットに向かって上抜けできるかってところが焦点ですが週末にかけてはロングポジション(買いポジション)を推奨したいです。ただし、111.000円を割り込んだら損切りと早めの損切りにしたいと思います。

ユーロドルの今後の見通し

(日足)

ユーロドル始値:1.19928ドル

ユーロドル高値:1.19971ドル(投稿時点)

ユーロドル安値:1.19915ドル(投稿時点)

ユーロドル終値:1.19955ドル(投稿時点)

トレンド:上昇トレンド

レート:1.19955~1.19959

RSI:59.22

今後の為替見通し:今現在の日足は依然として上昇トレンドです。RSIは59.22と買いがやや強い状況は続いています。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/09/18~2017/09/22で「ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、1.20000ドルを明確に超えてきたら損切り。」と書きました。こちらは今のところホールド状態が続いているかなっと思います。明確に超えたらって私が書いているのは日足レベルで超えてきたらという感じに捉えてもらったらいいと思います。1時間足などで一時的に越えてきても私の中では明確に越えてきたとは思っていません。一日のクローズ時点で超えていたらそれは明確に超えてきたと考えています。ただし、勢い的にこれは損切らないとまずいと判断した場合は、一日のクローズを待たずして損切りすることもありますが基本的にはその日のクローズまで様子を見ます。なのであまりレバレッジはかけないです。常に余裕を持ったトレードが大事だと長いトレード人生で感じているからです。今後のユーロドルですが、引き続き1.20000ドルを超えていないのでショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、1.20000ドルを明確に超えてきたら損切りでいきたいと思います。しばらく1.20000ドルでの攻防が続くかもしれませんが私の感覚的にはもう上への余力があまり無いように感じるのでじっくりショートポジション(売りポジション)で構えたいと思います。

スポンサーリンク


豪ドル円の今後の見通し

(日足)

豪ドル円始値:89.358円

豪ドル円高値:89.385円(投稿時点)

豪ドル円安値:89.320円(投稿時点)

豪ドル円終値:89.344円(投稿時点)

トレンド:上昇トレンド

レート:89.344~89.356

RSI:69.80

今後の為替見通し:今現在の日足は、上昇トレンドですね。RSIは69.80と買いがかなり強くなってきました。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2017/09/18~2017/09/22で「ロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、89.000円の抵抗線で再び跳ね返されたら、一度ポジションを閉じて様子見。」と書きましたので、一度、利益確定された方もいらっしゃるでしょう。それは間違っていないと思います。跳ね返された以上は一度市場から撤退し様子を見るのが1番良いと思います。今後の豪ドル円は、素直にロングポジション(買いポジション)を推奨します。ただし、88.000円を割り込んだら損切りと深めに損切りラインを設定したいと思います。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、ロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、111.000円を割り込んだら損切り。

ユーロドルに関しては、ショートポジション(売りポジション)を推奨。ただし、1.20000ドルを明確に超えてきたら損切り。

豪ドル円に関しては、ロングポジション(買いポジション)を推奨。ただし、88.000円を割り込んだら損切り。

あくまで今週後半の為替予想ですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の為替予想でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキング(現在12位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

2017年度 為替取引の状況
2017年度 株取引の状況

スポンサーリンク

-週間為替展望

【いままでの投資経験】
某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。

数年携わったのでそこらへんの銀行員より詳しいかもしれません笑 2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックを投資経験が浅い頃に経験しているので結構、大怪我をしています。なので、かなり慎重派な投資スタイルです。

2012年のスペイン危機のときもかなりの円高になり当時はかなりのレバレッジをかけていたので本当にこのときも大怪我をしました。正直、投資をもう止めようと思いました。2013年のアベノミクスの時はそんないろいろな下落を経験しているので、こんな株高は長く続かない、円安も続かないと逆張りしてまた失敗しました笑 そんなこんなで投資歴は15年ほどになります。

今は、ある程度、急落、急上昇しても大丈夫なようにあまり無理をしないトレードを心がけています。やはり、元本を失ってしまっては投資は終わりだからです。なので、プロフィールにも書いていますが負けない事をモットーにトレードしています。

専門分野は、ドル円・ユーロドル・豪ドル円・日本株です。日本株は特に中小型株が中心です。大型株はあまりトレードしません。

非常に地味な損益ですが、兼業の方や中長期トレードの方に参考になる記事を書いていけたらなって思っています。宜しければ、投資のご参考になさって下さい。いつも当サイトを見てくださって有難うございます。いろんな方に当サイトを薦めていただけたら幸いです。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!