週間為替展望.com

為替と株式銘柄の今後の見通しを書いています

【2019/03/04~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【今週後半の見通し】

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

今週、2019/03/04~2019/03/08の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想(今後の見通し)に入りたいと思います。今週の前半は、円高ドル高といった感じでしたね。ここ最近売られていた円が少し買い戻された感じですかね。急激にリスクオフの流れになったわけではなく利益確定も含めていったん外貨が売られた感じがしますね。株式市場も材料難で高止まりしているように感じますね。それでは、2019/03/04~2019/03/08の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想(今後の見通し)に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2019/03/04~2019/03/08の後半の為替予想(今後の見通し)です!

スポンサーリンク

ドル円の今後の見通し

(日足)

ドル円始値:111.861円

ドル円高値:111.910円(投稿時点)

ドル円安値:111.798円(投稿時点)

ドル円終値:111.846円(投稿時点)

トレンド:上昇トレンド

レート:111.846~111.849

RSI:69.68

今後の為替見通し:今現在の日足を見ると上昇トレンドですね。RSIは69.68と日足レベルでは買いが依然として強いですね。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2019/03/04~2019/03/08で「日足の短期移動平均線とちょっと乖離していますしRSI的にも買われすぎですが、113.000円付近までは強めの抵抗線もないので引き続き、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、111.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。」と書きましたので、トレード的にはほぼ動き無しですね。今後のドル円ですが、112.000円で一旦跳ね返された事とRSI的にかなり買われている事、あとは少し今週後半は材料難で売られそうな感じがするので、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、112.300円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。

ユーロドルの今後の見通し

(日足)

ユーロドル始値:1.13069ドル

ユーロドル高値:1.13074ドル(投稿時点)

ユーロドル安値:1.12965ドル(投稿時点)

ユーロドル終値:1.13048ドル(投稿時点)

トレンド:レンジ相場

レート:1.13048~1.13052

RSI:52.93

今後の為替見通し:今現在の日足は、レンジ相場ですね。RSIは52.93と売りが一気に強くなってきましたね。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2019/03/04~2019/03/08で「日足の短期移動平均線を見る限り、もう一度反発しそうなのとレンジ相場の下限に位置していますので引き続き、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.13000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。」と書きましたので、こちらはトレード的には失敗ですね。今後のユーロドルですが、レンジ相場の最下限まで来たことと今週後半はドルが売られると考えているので引き続き、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.12500ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。ドル以上にユーロが売られたら失敗に終わりますね笑

スポンサーリンク


豪ドル円の今後の見通し

(日足)

豪ドル円始値:79.222円

豪ドル円高値:79.336円(投稿時点)

豪ドル円安値:79.139円(投稿時点)

豪ドル円終値:79.277円(投稿時点)

トレンド:レンジ相場

レート:79.277~79.284

RSI:60.09

今後の為替見通し:今現在の日足は、レンジ相場ですね。RSIは60.09と日足レベルでは買いが少しだけ弱まってきました。【為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2019/03/04~2019/03/08で「ざっくりですが78円から79円の狭いレンジ相場に突入して膠着していますね。80円を超えれば上昇しやすいと思うのですが重たいですね。トレンド的には上向き、日足の短期移動平均線にはやや押さえ込まれている、、、これは難しいですね。なので、今回は様子見を推奨したいと思います。まずは79.650円付近にある抵抗線を超えてこれるのか週の前半は注視したいと思います。」と書きましたので、こちらは、トレード的には何も無いですね。今後の豪ドル円ですが、77.500円から79.800円あたりのレンジ相場に入ったと考えられます。そんな中で、RSI的にも全体のクロス円の動き的にも緩やかに売られそうな感じがするので、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、79.800円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。とりあえず、79.800円を超えてくるまでひたすら売りたいと考えています。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、112.000円で一旦跳ね返された事とRSI的にかなり買われている事、あとは少し今週後半は材料難で売られそうな感じがするので、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、112.300円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

ユーロドルに関しては、レンジ相場の最下限まで来たことと今週後半はドルが売られると考えているので引き続き、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.12500ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切り。

豪ドル円に関しては、77.500円から79.800円あたりのレンジ相場に入ったと考えられます。そんな中で、RSI的にも全体のクロス円の動き的にも緩やかに売られそうな感じがするので、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、79.800円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

あくまで今週後半の為替予想ですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の為替予想でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

スポンサーリンク

-週間為替展望

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!