週間為替展望.com

為替と株式銘柄の今後の見通しを書いています

【2019/05/13~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【今週後半の見通し】

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

今週、2019/05/13~2019/05/17の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想(今後の見通し)に入りたいと思います。今週の前半は、円高ドル高といった感じでしたね。先週の前半とは少し違った動きになりました。米中貿易摩擦がいっそう深刻化していくなかで円高の流れが止まりませんね。G20で米露中で会談が行われるみたいでそこで妥協案を模索する形になるんですかね。それでは、2019/05/13~2019/05/17の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想(今後の見通し)に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2019/05/13~2019/05/17の後半の為替予想(今後の見通し)です!

スポンサーリンク

ドル円の今後の見通し

(日足)

ドル円始値:109.601円

ドル円高値:109.685円(投稿時点)

ドル円安値:109.520円(投稿時点)

ドル円終値:109.562円(投稿時点)

トレンド:下降トレンド

レート:109.562~109.565

RSI:19.08

今後の為替見通し:今現在の日足を見ると下降トレンドですね。RSIは19.08と日足レベルではかなり売られていますね。【今後の見通しは?】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2019/05/13~2019/05/17 来週の見通しで「109.500円でいったん反発していますし悪材料も出尽くしかなって思いますので来週の前半くらいは、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、109.500円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。米中の関税問題、何か動きがあるでしょう。」と書きましたので、トレード的には失敗ですね。今後のドル円ですが、109.000円で反発しましたしここからさらなるリスク回避の円買いはちょっと考えづらいのでもう一度、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、109.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切りでいきたいと思います。米中の関税問題の進展に期待したいと思います。まぁ、ここまできたらとことんやりあってもらっていいんですが。

ユーロドルの今後の見通し

(日足)

ユーロドル始値:1.12035ドル

ユーロドル高値:1.12084ドル(投稿時点)

ユーロドル安値:1.12007ドル(投稿時点)

ユーロドル終値:1.12013ドル(投稿時点)

トレンド:下降トレンド

レート:1.12013~1.12017

RSI:64.10

今後の為替見通し:今現在の日足は、下降トレンドですね。RSIは64.10と買いが強まってきましたね。【今後の見通しは?】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2019/05/13~2019/05/17 来週の見通しで「1.12500ドル付近で上髭をつけて押し戻されているのと来週前半はドルの買戻しがある程度あると思っていますので、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.13000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。要はレンジ相場に戻ってくるまでは叩き売るって感じでいきたいと思います。」と書きましたので、こちらはトレード的にはやや成功ですね。今後のユーロドルですが、1.12000ドル付近の支持線で反発しそうな感じもしますがここ数日の強い陰線を見る限り上値は重たいと思いますので引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.12500ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。

スポンサーリンク


豪ドル円の今後の見通し

(日足)

豪ドル円始値:76.086円

豪ドル円高値:76.173円(投稿時点)

豪ドル円安値:75.872円(投稿時点)

豪ドル円終値:75.899円(投稿時点)

トレンド:下降トレンド

レート:75.899~75.906

RSI:21.08

今後の為替見通し:今現在の日足は、下降トレンドですね。RSIは21.08と日足レベルでは売りが引き続き強い状況ですね。【今後の見通しは?】ドル円・ユーロドル・豪ドル円 2019/05/13~2019/05/17 来週の見通しで「RSI的にかなり売り込まれていますが誰がどう見ても下降トレンドで強い支持線も無いのであまり無理に抵抗せず、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、77.500円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。反発すれば損切ればいいだけなのでここは無難にショートポジション(売りポジション)だと思います。」と書きましたので、こちらは、トレード的には成功ですね。今後の豪ドル円ですが、強い支持線も無くただただ落ちていくだけのように見えますので何も考えず引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、77.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。しっかり反発するまではひたすら叩いておいた良いと思いますが。。。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、109.000円で反発しましたしここからさらなるリスク回避の円買いはちょっと考えづらいのでもう一度、ロングポジション(買いポジション)を推奨したいと思います。ただし、109.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)割ってきたら損切り。

ユーロドルに関しては、1.12000ドル付近の支持線で反発しそうな感じもしますがここ数日の強い陰線を見る限り上値は重たいと思いますので引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.12500ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

豪ドル円に関しては、強い支持線も無くただただ落ちていくだけのように見えますので何も考えず引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、77.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

あくまで今週後半の為替予想ですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の為替予想でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキング(現在5位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

スポンサーリンク

-週間為替展望

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!