週間為替展望.com

ドル円・ユーロドルなどの今後の見通しです。

【2019/09/23~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【今週後半の見通し】

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

今週、2019/09/23~2019/09/27の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想(今後の見通し)に入りたいと思います。今週の前半は、アメリカの政局不安等からリスク回避の動きでした。今現在はどちらかというと円高ドル高?ドル安?って感じで、先週の前半とはまた違った動きになりました。アメリカの政局不安が続くとリスク回避の動きも継続するでしょうね。となると円高株安になりますよね。。。これは避けたいですがどうしようもないので流れに乗るしかないですね。それでは、2019/09/23~2019/09/27の後半のドル円・ユーロドル・豪ドル円の為替予想(今後の見通し)に入りたいと思います。ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で後半の為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。それでは、さっそく今週、2019/09/23~2019/09/27の後半の為替予想(今後の見通し)です!

スポンサーリンク

ドル円の今後の見通し

※通貨・時間軸は自分で変更してください。尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。

(日足)

ドル円始値:107.004円

ドル円高値:107.188円(投稿時点)

ドル円安値:106.998円(投稿時点)

ドル円終値:107.149円(投稿時点)

トレンド:上昇トレンド

レート:107.149~107.152

RSI:53.27

今後の為替見通し:今現在の日足を見ると上昇トレンドですね。RSIは53.27と日足レベルでは買いが、かなり弱まってきました。【2019/09/23~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【来週の見通し】で「上向きのトレンドラインを下に抜けてきて108.000円の支持線も完全に下に抜けてきました。ドルは比較的強いので盛り返す可能性もありますが米中貿易協議懸念が再開したのでここは素直に、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、108.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。米中貿易協議の進展に一喜一憂すると思いますので損切りラインを浅めに設定しておく必要があるかなって思います。」と書きましたので、トレード的にはやや成功ですね。今後のドル円ですが、上向きのトレンドラインを完全に下に抜けた後、107.000円の支持線で踏ん張っているようですが戻りが非常に弱くいつ、107.000円の支持線を割ってもおかしくない状況なので引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、108.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います

ユーロドルの今後の見通し

※通貨・時間軸は自分で変更してください。尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。

(日足)

ユーロドル始値:1.10154ドル

ユーロドル高値:1.10216ドル(投稿時点)

ユーロドル安値:1.10084ドル(投稿時点)

ユーロドル終値:1.10091ドル(投稿時点)

トレンド:下降トレンド

レート:1.10091~1.10095

RSI:46.92

今後の為替見通し:今現在の日足は、下降トレンドですね。RSIは46.92と売りが少しづつまた強まってきました。【2019/09/23~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【来週の見通し】で「ドル以上にユーロは売りが強くヨーロッパの情勢もあまり良くないので深く考えずにここは引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.11000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。ユーロドルはじっくりショートポジション(売りポジション)で勝負が基本だと個人的には思っています。」と書きましたので、こちらも、トレード的にはちょっとだけ成功でしたね。今後のユーロドルですが、下向きのトレンドラインに綺麗に上値を抑えられてゆっくりと下がっているので、引き続きショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.11000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。

スポンサーリンク


豪ドル円の今後の見通し

※通貨・時間軸は自分で変更してください。尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。

(日足)

豪ドル円始値:72.763円

豪ドル円高値:72.891円(投稿時点)

豪ドル円安値:72.728円(投稿時点)

豪ドル円終値:72.777円(投稿時点)

トレンド:レンジ相場

レート:72.777~72.784

RSI:48.35

今後の為替見通し:今現在の日足は、レンジ相場ですね。RSIは48.35と日足レベルでは買いが少しだけ弱まってきました。【2019/09/23~】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【来週の見通し】で「ドル円同様に、上向きのトレンドラインを下に抜けて73.00円の支持線も簡単に割ってきましたのでここは素直に、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、74.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。ここはリスク回避して様子を見たほうが良いでしょうね。」と書きましたので、こちらは、トレード的にはほぼ動き無しですね。今後の豪ドル円ですが、昨日も長めの上髭が発生しており売り圧力がかなり強いです。なので引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、74.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切りでいきたいと思います。おそらく71.000円から74.000円のレンジ相場に突入するのではないかなって思います。

今週後半の見通しのまとめ

ドル円に関しては、上向きのトレンドラインを完全に下に抜けた後、107.000円の支持線で踏ん張っているようですが戻りが非常に弱くいつ、107.000円の支持線を割ってもおかしくない状況なので引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、108.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

ユーロドルに関しては、下向きのトレンドラインに綺麗に上値を抑えられてゆっくりと下がっているので、引き続きショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、1.11000ドルを明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

豪ドル円に関しては、昨日も長めの上髭が発生しており売り圧力がかなり強いです。なので引き続き、ショートポジション(売りポジション)を推奨したいと思います。ただし、74.000円を明確に(日単位のクローズ時点で)超えてきたら損切り。

あくまで今週後半の為替予想ですので急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。

以上、今週後半の為替予想でした。

投資はすべて自己責任でお願いします。
当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキング(現在12位)
FC2 ブログランキング(現在27位)
にほんブログ村 為替日記(現在17位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

スポンサーリンク

-週間為替展望

【いままでの投資経験】
某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。

数年携わったのでそこらへんの銀行員より詳しいかもしれません笑 2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックを投資経験が浅い頃に経験しているので結構、大怪我をしています。なので、かなり慎重派な投資スタイルです。

2012年のスペイン危機のときもかなりの円高になり当時はかなりのレバレッジをかけていたので本当にこのときも大怪我をしました。正直、投資をもう止めようと思いました。2013年のアベノミクスの時はそんないろいろな下落を経験しているので、こんな株高は長く続かない、円安も続かないと逆張りしてまた失敗しました笑 そんなこんなで投資歴は15年ほどになります。

今は、ある程度、急落、急上昇しても大丈夫なようにあまり無理をしないトレードを心がけています。やはり、元本を失ってしまっては投資は終わりだからです。なので、プロフィールにも書いていますが負けない事をモットーにトレードしています。

専門分野は、ドル円・ユーロドル・豪ドル円・日本株です。日本株は特に中小型株が中心です。大型株はあまりトレードしません。

非常に地味な損益ですが、兼業の方や中長期トレードの方に参考になる記事を書いていけたらなって思っています。宜しければ、投資のご参考になさって下さい。いつも当サイトを見てくださって有難うございます。いろんな方に当サイトを薦めていただけたら幸いです。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!